体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「道は後ろにできる」業界デファクトのサービスを生み出した原点

クライアントは大手消費財メーカー。各社のマーケティングを効率化するための日本唯一のサービス

我々が提供しているのは企業のマーケティング、特にデータを活用した製品開発やプロモーションの意思決定を効果的に実施するためのサービスです。クライアントは国内大手の消費財メーカーなどです。

例えば、社内で新規製品を企画するとします。その際にはマーケットニーズを探るための調査が必要です。

まずは調査企画を立てて、作業・設計を考え消費者にアンケートをとります。そしてその結果を集計、分析し、レポートを作成し社内プレゼンテーションを実施します。

他社のサービスですと「アンケートを集める」部分を効率化しているサービスはあるのですが、その後の業務までを一気通貫で効率化するようなサービスはありません。どれもパワーポイントで作成された資料が納品されるだけです。

そうすると、その新規製品の議論にしか使われずに有効活用されにくい。世の中的にデータドリブンマーケティング(データに基づき意思決定を行うマーケティング)が必要とされる中で、そういった現状は問題だと我々は捉えています。

そういった現状に対して、アンケート作成に加えて、集計したアンケートを多角的に集計・分析・レポーティングするクラウド型のサービスを提供しています。

現状では日本の消費財メーカーは未だに、莫大な金額でマーケティングを大手広告代理店に依頼しています。

あらゆる業界、業務においてIT化が進む中で、マーケティングは比較的IT化が進んでいない、活用されていない領域で、それゆえにコストがかかりすぎていると感じていました。社内で仕組みさえできてしまえば、もっと効率的・効果的にマーケティングを行えるという考えのもとで事業を推進しています。

株式会社マーケティングアプリケーションズ 代表取締役 萩野 郁夫 氏
大手警備会社に新卒入社後、WEB制作会社を経て独立。株式会社マーケティングアプリケーションズ(旧 ボーダーズ)を設立する。マーケティングに関する業務、集計・分析・レポーティングを効率化するクラウド型のサービスを展開。

前職で感じた、受託開発のビジネスモデルの限界

私が就職活動をしていた時期は、ちょうど就職氷河期で、メーカー全盛期で国内大手メーカーに就職するのがよしとされている時代でした。その中で、若手のベンチャー企業上場のニュースがメディアで取り上げられているのを観て、自分も将来的に起業したいと思うようになりました。

しかし、新卒の就職先として選んだのはセコムという会社でした。起業を志すも、出身が田舎で「せっかく学費を払ったんだから誰もが知っている大手企業にいきなさい」という周囲のプレッシャーもあり、一旦大手企業に入社しました。

その後、1年3ヶ月で辞めてウェブ制作会社に転職しましたが、それはもうハードな毎日でした。ベンチャー企業で、受託でのウェブサイト作成を行う会社だったんですが、仕事も、社員みな熱心で豪傑な人が割と多かったので、かなり鍛えられました(笑)。

泊まり込みでの仕事は当たり前で、他の人の4倍は働いたと思います。お昼を外に食べに行った記憶はほとんどありません。ただ成長も当然するわけで、グローブのはめ方も分からない素人レベルから始めて、1年でエースと呼ばれるまでになりました。

そして同時に自分が事業をするならば受託型以外のビジネスモデルで勝負しなければと考えるようになりました。受託型は人月契約型が主流で、人を増やすことで成長するビジネスモデルです。成長が人数に依存するためスケールが難しいことがその理由です。

エンジニアにとって穴の産業。IT技術が活かせる領域が見つかった

受託型のビジネスに限界を感じて、何か事業を興したいなと漠然と考えていました。当初は起業を意識していたのではなく、あくまで自社で何か新しい仕事が出来ないかというレベルでした。

その時に考えたのが、現在のマーケティングアプリケーションズのサービスの原型となるマーケティング・リサーチのサービスでした。自社を成功させるためにと頑張っていたのですが、結果、会社から独立することとなり、目指していた起業をすることが出来ました。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy