ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末ジャンボで10億円を狙え! 金運最高日は「12月14日」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「年末ジャンボ~10億円♪」。米倉涼子(40才)や原田泰造(45才)、YOU(51才)、武井壮(42才)らが出演する宝くじCMが放送中だが、実はこのおなじみフレーズ、所ジョージ(60才)が作曲したもの。

 10年ぶりに宝くじCMに帰ってきた所もびっくり! な宝くじ史上最高の1等・前後賞合わせて10億円が話題の年末ジャンボ。11月25日の発売以降、全国の有名売り場には連日長蛇の列ができているが、まだ購入していない人、これから追加購入しようとしている人に、風水師の伊藤夢海さんは「購入日が大切です」と言う。

「この12月には1年でも数日しかない“金運最高日”がやってくるんです。その日に宝くじを購入すれば、10億円ゲットへの期待もドカンと膨らみますよ」(伊藤さん、以下「」内同)

 そこで、12月22日の発売最終日までの“狙い目”を伊藤さんに徹底分析してもらった。

「ズバリ、12月14日! その日に買ってください。この日は『一粒万倍日』と『天赦日』という縁起がいいとされる2つが重なる日なんです。『一粒万倍日』とは、1つの籾の粒から、万倍にも実る稲穂になるという意味。転じて手元にあるわずかなものが何倍にも膨らむ日なので、宝くじの購入にはもってこいというわけです」

 一方の『天赦日』とは、文字通り「天が万物の罪を赦す日」。金運はもちろんのこと、結婚、恋愛、引っ越し、さらには何か新しいことを始めるのにもうってつけで、どんな運気も軒並みアップしている。

 その2つが重なるのは、今年は全部でたったの3日。そのラストが年末ジャンボ発売期間中なのだから、この日を逃すわけにはいかないだろう。

 12月14日、どこでどのように購入すればいいのか。

「古代中国の“九星気学”では、年・月・日・時間にそれぞれ9種類の星が割り振られています。12月14日は一白水星に当たり、風水では水=お金なので、売り場の近くに池や川があったり、噴水があるショッピングモールなどの売り場も期待できます。また12月14日は友引なので、お友達と一緒に買いに行くのもいいでしょう。友引の日は朝晩に吉兆が訪れるといわれているので、売り場のオープン直後か閉店間際に購入するのが理想的です」

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1等確率がジャンボの3倍! 「宝くじの日記念くじ」の狙い目
福岡で鉄砲扱う店の一角の「当たる」と評判の宝くじ売り場
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。