ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あさが来た 新登場・はつの長男が「妾問題」解決キーマンか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の勢いが止まらない。12月4日にはまたしても自己最高視聴率を更新する27.2%を記録。これは大ブームとなった『あまちゃん』や『花子とアン』をも上回る数字で、別次元の“国民的ドラマ”に化けつつあるといっても過言ではない。

 ドラマは12月に突入し、いよいよ前半最大の山場である、あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)の娘の出産シーンを迎えた。

「あさが多忙であきらめていた子供が生まれるという新次郎の喜びを、玉木さんが実に魅力的に演じていました」(番組制作関係者)

 この出産が、『あさが来た』の一大転機となる。

「いままであさと新次郎が親の世代にいろいろなことを教わり、その恩恵を受けて育ってきましたが、年明けからは、世代交代し今度は彼女たちが下の世代の人たちを育てていくことになります」(同前)

 その世代交代を印象づけるように、12月3日、今後登場する『あさが来た』の新キャストがNHKから発表された。「銀行の神様」といわれた渋沢栄一役に三宅裕司、あさの娘・千代役にはあさの子供時代を演じて人気を博した鈴木梨央が再登板と、意外なキャスティングが話題になっている。

 だが、本誌が注目したのはそこではない。NHKの番組公式サイトには、新キャスト発表に伴い、それぞれのキャラクターに簡単な人物紹介が書かれている。注目は、あさの姉・はつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)の長男である藍之助役(森下大地)の発表に添えられた一文だ。

〈まじめで勉強ができ、ソロバンが得意。家族と一緒にみかん作りをしていたが、商売人になりたいという思いを抑えられず、あさの元に現れる〉

 はつの一家はみかん作りのために和歌山に移住したはずだが、長男の藍之助は、「商売人になりたい」と大阪にいるあさの元にやって来るというのだ。もしかしてこの展開は、本誌が提起した“問題”を解決する起死回生の一手になるのではないか。

◆はつの子が養子に!?

 その問題とは、妾である。

 史実では、あさのモデルである広岡浅子と夫・信五郎の間には娘しか生まれなかった。そこで浅子の実家から呼び寄せた女中を妾にして、彼女が産んだ男児が、後に浅子が創業する大同生命の社長になる。

 ドラマでの展開も、娘が生まれるところまでは同じ。では今後、史実のとおりに妾を登場させるのか。

 本誌(11月27日/12月4日号)で漫画家の小林よしのり氏が、「正妻と妾の葛藤や道徳観を正確に描くため、妾をドラマに登場させるべきだ」と訴えると、ファンの間で「いまの時代に妾の描写は要らない」「当時は当たり前だったのだから描くべきだ」など、議論が百出した。

 しかし、史実のとおりとすれば、そもそも広岡浅子自身が実際には妾の子であるにもかかわらず、そのことも描かれていない。NHKは妾の描写を避ける可能性が高い。

 だとすると、あさの後継はどうなっていくのか。その後継候補として浮上したのが、この藍之助なのだ。朝ドラウォッチャーの田幸和歌子氏が解説する。

「実ははつが和歌山に行く前にあさの家に泊まりに来たとき、藍之助があさのソロバンをはじいていたんですよ。それを見たはつが『ひょっとしてこの子、お商売が好きなんやろか』といっていた。それが今回の発表の布石になっています。

 これからあさが商売を広げて行く上で、藍之助は彼女を助け、ゆくゆくは後継者のような存在となっていくのではないでしょうか」

 彼女はそのキャスティングにも注目する。

「藍之助役を演じる森下大地さんは、新次郎役の玉木宏さんと同じ芸能事務所で注目の若手俳優。それだけでも、彼が重要な役目になることを予感させます。後継者作りの観点で見ると、新次郎と妾の子というのはイメージが崩れるため難しい。とすればゆくゆくは、藍之助があさと新次郎の養子になる、という展開もあり得るかも知れません」

 実はこれにも伏線がある。藍之助が生まれてすぐの頃、新次郎の母であさの義母のよの(風吹ジュン)が藍之助と一緒に暮らしたいと申し出て、はつが断わるというくだりがあった。

 そのときは親心から断わったはつだったが、大人になった藍之助の商売に対する思いを知ったとき、その考えを変える日が来るのだろうか。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
年内にも出産シーンが登場? 『あさが来た』禁断のネタバレ
小林よしのり氏「『あさが来た』は絶対に妾を描くべきだ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。