体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

九州の人気温泉地で発見!市街地から90分で行ける穴場の名湯8選

奥湯の郷

寒くなると恋しくなるのが温泉。体の芯までポッカポカになれば日頃の疲れも吹き飛ぶこと間違いナシです!今回は泉質にこだわったセレクトで、各県の市街地から90分以内で行けるマチナカ近郊の温泉を厳選しています。8つの名湯をゆっくりと堪能してみてください。

1.原鶴温泉 延命館

温泉通をとりこにするトロシュワのW美肌の湯。

延命館 内湯よりも泡付きのいい露天風呂。横に筑後川を望む

原鶴温泉街の中ほど、筑後川沿いに建つ和風旅館の露天風呂からは美しい夕陽や筑後平野が眺められます。40°Cのぬるめの湯は肌に優しく、湯上り後も肌がスベスベ。

W美肌の湯といわれるのは、1つの浴槽で弱アルカリ性単純温泉と単純硫黄泉の2つの泉質を味わえるから。 原鶴温泉 延命館

TEL/0946-62-1133

住所/福岡県朝倉市杷木志波15-2

営業時間/10時~20時

定休日/なし(ただし、混み具合によって入れない場合も)

アクセス/大分道杷木ICより10分

駐車場/50台

「原鶴温泉 延命館」の詳細はこちら

2.嬉野温泉 元湯白珪

九州の、敷地内の2本の源泉から湧き出る豊富な美人の湯。

元湯白珪 広い内湯の洗い場の先に露天風呂がある。無色透明無臭の湯

「温泉と料理を楽しもう」がテーマの老舗宿。嬉野元湯温泉の第一源泉を持つ宿として古くから知られ、敷地内の源泉からは100°C近い高温の湯が豊富に湧出。内湯、露天のほか、有名建築家が設計した名工の湯や有田焼浴槽の赤絵の湯などの貸切風呂も。 嬉野温泉 元湯白珪

TEL/0954-42-1200

住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-8

営業時間/13時~18時

定休日/12/30~1/3

アクセス/長崎道嬉野ICより5分

駐車場/30台

「嬉野温泉 元湯白珪」の詳細はこちら

3.雲仙温泉 湯元ホテル

白濁色のにごり湯が温泉好きをうならせる。

雲仙温泉 湯元ホテル

貸切露天風呂は緑あふれる庭園式

雲仙温泉街の中心にあり、江戸時代から湯治場として親しまれてきた温泉宿。地獄から直接源泉を引きこんだ源泉100%かけ流しのお湯は、硫黄の成分が濃く白濁している。絹のような肌ざわりは感動モノ。雲仙地獄まで徒歩3分で行けます。 雲仙温泉 湯元ホテル

TEL/0957-73-3255

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙316

営業時間/12時~18時

定休日/不定

アクセス/長崎道諫早ICより1時間

駐車場/40台※駐車場利用時は要問合せ

「雲仙温泉 湯元ホテル」の詳細はこちら

4.湯布院温泉 奥湯の郷

コバルトブルーの温泉でお肌磨いて湯上り美人♪

奥湯の郷

豊かな自然に囲まれ、鳥のさえずりが聞こえることも

人里離れた山奥の秘湯。お湯の色がブルーなのは、天然の保湿成分といわれるメタケイ酸を多く含んでいるため。お肌のキメを整える作用が期待できるとか。まるで化粧水に浸かっているかのような感覚を楽しみながら、心ゆくまでお肌磨きもいい♪ 湯布院温泉 奥湯の郷

TEL/0977-84-2789

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy