ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z5 Premiumで後付のアルミバンパーを試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

知人のネットショップで販売されている Xperia Z5 Premium 用の低価格アルミバンパーを入手したので、この製品の使い心地をレポートしたいと思います。この製品はアルミ素材を用いて製作された Xperia Z5 Premium を保護するアルミバンパーで、中国サプライヤー製ということもあり、2,450 円と比較的安い価格で販売されています。安価ではあるものの、構造や表面の質感は他社の製品と遜色ない感じで、製品自体がスリムに作られており、装着前にはけっこう期待していました。Xperia Z5 Premium は 5.5 インチディスプレイを搭載するなど、Xperia の中でも大型な端末です。なので、「バンパーを付けたら操作しづらくならい?」という不安が浮かんでくると思いますが、実際に使ってみると、本体から飛び出したバンパーの縁がグリップ感を高め、思いのほか操作しやすいと感じました。他の製品はまだ試していませんが、この製品を使ってみて「Xperia Z5 Premium」でもバンパーはアリだな」と思いました。同梱品はアルミバンパーのほか、前後の保護フィルム、取り付け用の工具、ストラップ、スペアのネジです。バンパーの内側には一部にラバーシートが敷かれており、Xperia Z5 Premium 本体との接触を防いています。この製品は極小のプラスネジで上下の 2 点を留める構造です。ネジがかなり小さく、六角レンチで留める仕組みでもないので、強めに締めるとネジ山を潰さないか心配でしたが、付属の工具でしっかり固定でき、ネジ山が潰れることもありませんでした。それもで、アルミバンパーは六角ボルト式が良いですよね。装着してみました。ブラックなので本体と同化しているような外観です。スリムなバンパーなので、本体からの飛び出しもわずかです。ガラスフィルムが寄ったりしない限りは併用も可能でしょう。この製品の特長は指紋リーダーも使えるところです。側面の写真の通り、電源ボタン全体が露出する形となっており、指紋認証も機能しました。側面の一部が大きく開くことになるので強度の面が心配されるところですが、後付のアルミバンパーは側面をきっちりと覆ってくれれば良いので特に気になりませんでした。また、他のコネクタのクリアランスもバッチリでしたが、SIM / Micro SD カードスロットが潰されます。左側にはストラップホールが設けられており、付属のストラップまたは普通のストラップを取り付けられます。Source : Jetstream Shop

■関連記事
Xiaomi、12月15日にRedmi Noteの“Prime”版を発表予定
4Kスマートフォン「Xperia Z5 Premium(E6853)」 開封の儀&ファーストインプレッション
Huawei、CES 2016でHonor関連のプレスカンファレンスを開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP