ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松山ケンイチが落語家を熱演! 「の・ようなもの のようなもの」が1月16日公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「家族ゲーム」、「僕達急行 A列車で行こう」など日本映画界に数々の名作を残した森田芳光監督の劇場デビュー作「の・ようなもの」の35年後を描いた完全オリジナルストーリー「の・ようなもの のようなもの」が1月16日(土)に公開される。
 

舞台は古き良き下町、谷中。生真面目なばかりでサエない落語家・志ん田が、落語を捨て気楽に生きる兄弟子・志ん魚と出会い、悩みながらも自分らしく生きる楽しさを知っていく。落語家たちの世界で繰り広げられる、まるで落語のように心温まる物語は、見れば疲れた心を優しく撫でてくれること間違いなし。
 

主演の志ん田役には松山ケンイチ。志ん田を振り回しながらも優しく見守るヒロインの夕美は北川景子が演じる。そして前作と同じ役で伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんらも登場。
 

【物語】
東京、谷中。30歳で脱サラ、落語家になるものの、いまだ前座の出船亭志ん田(松山ケンイチ)。師匠、志ん米(尾藤イサオ)の自宅に住み込み修行中だが、「小学生が国語の教科書を読んでいる」ような落語で、全然パッとしない。同居している師匠の娘、夕美(北川景子)に秘かな想いを寄せているが、彼女にはいつもイジられっぱなし。ある日、志ん田は志ん米から、以前、この一門にいた兄弟子・志ん魚(伊藤克信)を探し出すよう命じられる。志ん米の師匠、志ん扇の十三回忌一門会に、スポンサーである斉藤後援会長(三田佳子)のご機嫌とりのため、彼女お気に入りの志ん魚を復帰させようという魂胆。すったもんだの挙句、夕美と張り込んだ墓地で見つけ出した志ん魚は、落語とは無縁の生活を送る55歳の男になっていた。志ん扇が亡くなってから、もう二度と落語はやらないと誓っていた志ん魚の頑な心を動かすべく、志ん米の命令で志ん田は志ん魚と男2人のおかしな共同生活を始めることに。志ん田は、のん気に暮らしながらも、自分らしく、楽しく生きる志ん魚の姿に、自分の中に足りない何かを見つける。一方の志ん魚も、不器用ながらもまっすぐな志ん田の姿に昔の自分を重ね、忘れかけていた落語への愛を思い出すようになっていた。果たして志ん田は落語も恋も最高の“オチ”を見せることができるのか?
 

人それぞれ違うけれど、みんな何かになりたくて、でもなりきれない、まさに“の・ようなもの”たちだらけの現代。
それでも昨日より今日、今日より未来へ向かって前向きに生きていく楽しさ、素晴らしさを、すべての“の・ようなもの”の方たちに届けたい。天国の名匠も、ふんわり微笑むような、オマージュを超えた、新しい「青春映画」を是非ともご覧あれ!

■映画「の・ようなもの のようなもの」
公開日:2016年1月16日全国ロードショー
出演:松山ケンイチ、北川景子、鈴木亮平、ピエール瀧、佐々木蔵之介、塚地武雅、宮川一朗太、鈴木京香、仲村トオル、笹野高史、内海桂子、三田佳子
監督:杉山泰一

「の・ようなもの のようなもの」 公式サイト
http://no-younamono.jp/

(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP