ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忘年会 スマホまで忘れる人が激増するが約6割は戻ってくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あわただしい12月はなにかとトラブルに遭いやすい。なかでも遺失物、落し物や忘れ物が1年でもっとも多くなる時期でもある。紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイトを運営する株式会社落し物ドットコム代表取締役の増木大己さんも「12月は落し物が一番、多い季節です」という。

「冬になると身につける衣類の点数が増えるため、手袋やマフラー、コートなどが多いです。外を歩くと寒くても、電車やタクシーに乗ると暑くて脱ぐ。すると置き忘れてしまう。スマートデバイスの忘れ物も増えます。スマホの場合は携帯電話に比べてメールやインターネットなどをチェックする回数が多いので、見やすいようにテーブルなどに置くという動作が発生します。そして、そのまま置き忘れることが多いようです」

 スマートデバイスを失くしたり忘れた経験がある首都圏勤務の20~40代男女に、どの場所で忘れてきたかを尋ねたところ、最も多かったのが居酒屋やレストランなど飲食店で男性46.3%、女性37.0%にのぼっている。そして飲酒時に忘れた人のうち男性57.6%、女性44.3%が友人・同僚との忘年会・新年会で忘れたと答えている(エムオーテックス株式会社調べ)。

 同調査では、全国の飲食店店長100名にもスマートデバイスの忘れ物について聞いているが、もっとも忘れることが多い時期は11~12月の忘年会シーズン(42.9%)。そして、ほとんどが利用していた席(部屋)周辺で発見している(95.7%)。

「落とし物というと道で落とすようなイメージがあるかもしれませんが、警察に届けられている落とし物の75%は鉄道や店舗などの施設から届けられています。スマホの場合GPS機能がオンになっていれば、位置情報からいまどこにあるのか探すことができます。iPhoneなら『iPhoneを探す』というツールがありますし、Androidでもセキュリティアプリでほぼ同じことができます」(前出・増木さん)

 落し物は年々、増加傾向にある。警視庁の遺失物取扱状況によれば、2014年に警察に届けられた落し物は356万5007件、落し物を探す遺失届は95万5959件にのぼり、どちらも増加傾向が10年以上続いている。2014年に届けられた落し物の上位品目は衣類、かさ類、証明書類、財布類、有価証券類で次がようやく携帯電話類の順だが、遺失届は1位が証明書類、2位に財布類、3位が携帯電話類。よく紛失されている衣類やかさより、スマホや携帯を必死で探している様子が見えてくる。

 近年、増加傾向にあるスマートフォンや携帯電話の落し物は、2014年には14万9566件が拾ったと届けられ、24万9993件が紛失したと遺失届を出された。東京都では毎日、409台の携帯やスマホが警察に届けられ、684人が失くしたスマホを求めて警察に届け出ている。毎日、500人以上の人がスマホを失くして血の気が引くような思いをしているようだ。ただし、拾得と遺失件数を単純に比較すれば約6割は見つかるともいえる。

「スマホの場合、拾った人に悪意がなくても、持ち主を知ろうとして個人情報にアクセスしてしまいがちです。落とさないのが一番ですが、方法を確認して落ち着いて対応してください。落とし物と人の性格に相関関係はないといわれていますが、落し物をする人は繰り返す傾向があるなという印象ですね」(前出・増木さん)

 忘年会シーズンはまだまだこれから。酔いが回る前に、スマホ紛失時の対応方法を確認しておくのがよさそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大前研一氏「デジタル家電戦場はスマホからテレビへ移る」
「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘
スマホの魅力は「音楽がいっぱい聞ける点」と80才主婦が感想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP