ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の冬はホラーブーム!怖いけど、見たい!?怖すぎない冬のおすすめホラー映画3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近ホラー映画を見ましたか?ホラー映画といえば夏のイメージですが、『リング』の中田秀夫監督、AKB48の島崎遥香主演の『劇場霊』をはじめとして5作品も劇場公開中!今年は夏だけに限らずホラーブームがきているかも?

『劇場霊』はかなり怖そうですが、「怖いからホラーは見ない」というあなた、ホラーにもいろいろなタイプの怖さがあるって知っていますか?

ホラーと聞くだけで敬遠するのはもったいない。今回は怖がり女子にもOKの、怖いだけじゃない楽しみ方を、絶叫系やドロドロ系ではない作品をご紹介します。

ホラー映画入門編!「怖すぎないホラー映画」楽しんでくださいね。

 

ディズニーランドでおなじみのエンターテイメント系ホラー

『ホーンテッドマンション』

東京ディズニーランドの定番人気アトラクション「ホーンテッドマンション」をエディ・マーフィー主演で映画化した作品。

ニューオリンズで不動産業を営む夫婦(エディ・マーフィー、マーシャ・トマソン)のもとに、19世紀の屋敷を売りたいという電話が来る。家族旅行のついでに子供たちと屋敷を訪れたが、大雨のため、屋敷で一夜を過ごすことに……。

「これでもか!?って感じの試練に加え、ゴーストも各種登場します!TDL大好きなので、映画を観ながらアトラクションを思い出して、“あの場所ね!”って確認したり(笑)

エディ&ディズニーなので安心して見られますよ。仕掛け盛りだくさんなお屋敷に、ワクワクドキドキします!」(29歳・事務)

 

ブラピ&トム様が美しい吸血鬼映画

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

アン・ライスの小説の映画化。野心家のライターが、自分はヴァンパイアだという紳士ルイ(ブラッド・ピット)にインタビューする。200年ほど前にレスタト(トム・クルーズ)によってヴァンパイアになったルイの半生を描く。

「原作の美しいイメージを壊したくないと思い、映画を観るのをかなり迷いましたが、豪華で素敵な映像に、とても満足できました。ブラピが黒髪、トムが金髪というのも違和感ありません。」(32歳・デザイナー)

 

巨匠たちが競演、ホラー映画の名作

『世にも怪奇な物語』

エドガー・アラン・ポー原作の3話からなる、1967年のオムニバス。

ロジェ・ヴァディム「黒馬の哭く館」(ジェーン・フォンダ、ピーター・フォンダ)、ルイ・マル「影を殺した男」(アラン・ドロン、ブリジット・バルドー)、フェデリコ・フェリーニ「悪魔の首飾り」(テレンス・スタンプ)という、監督・出演者とも豪華な古典的ホラー。約50年前の作品と意識せず、優雅に落ち着いて見られる。

「巨匠それぞれの個性も楽しめるし、若い頃のジェーンやブリジット・バルドー(BB)が美しい。ポー原作というところが最高。最初見たときは、この監督がこんな作品撮ってるの?って意外でした。」(29歳・写真家)

 

ホラー映画は、独特の映像美や世界観にこだわったものが多く、ファッションや豪華な舞台など、違った視点で楽しめるのも魅力です。

ひとりで観るのが怖いときには、彼やお友達とどうぞ!

 

ライター:野村 和代 tilda(SHUTTER)

関連記事リンク(外部サイト)

元気をチャージ!落ち込んだときに見たいオススメ映画3選
キレイは作れる!スマホ写真の盛りテク教えます
【映画女子推薦】この秋、動画配信サービスで見るならこの映画!
【映画初心者大歓迎!!】ミニシアター系映画の楽しみ方をプロに聞いてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP