ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛭子能収の知られざる不条理の世界が個展に、新春はポップでシュールなえびすワールドから!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

蛭子能収の個展『新春 えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』が、2016年1月1日(金)から渋谷・パルコミュージアムで開催。

(C)蛭子能収

「ギャンブル好きで変わったオジサン」というイメージでおなじみ、最近ではテレビで見ない日はないほど人気の「蛭子さん」こと蛭子能収。1973年に雑誌『ガロ』入選をきっかけに漫画家としてデビューして以降、不条理でシュールなギャグ漫画を数多く発表しながら、映画監督やタレント、俳優など幅広い活動を続けている。

(C)蛭子能収

本展は、奇才アーティスト・蛭子能収の知られざる不条理の世界を、初公開の新作を含めて紹介する大規模展覧会として、学生時代の作品から初公開の新作まで、作品群が年代順に展示される。さらに1月3日(日)には、蛭子による「似顔絵サイン会」が開催されるほか、関連イベントも多数開催予定。

一体どんな作品が飛び出すのか?
ポップでシュールなえびすワールドとともに、新年を始めてみては!?

(C)蛭子能収

『新春 えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』
2016年1月1日(金・祝)~1月18日(月)
会場:東京都 渋谷 パルコミュージアム
時間:10:00~21:00(最終日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
料金:一般500円 学生400円
※小学生以下無料
※年始の営業時間は渋谷PARCOに準ずる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP