ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2人目は大きくてもスピード出産!…でもその後、なかなか胎盤が出てこない?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:akasuguope01:20150923135925j:plain

私は、これまでに2度の出産を経験しました。

2人とも自然分娩で、非常に短時間のお産でした。

2人目の出産は、深夜1時、陣痛が来ているのにも関わらず、睡魔に襲われてしまい自宅で長男と一緒に布団で寝ていました。

半ば、寝ぼけて夢か現実かふわふわしたような感覚で時間を計測すると、陣痛の感覚が3分を切っていることに気が付き、主人と長男と大慌てで病院に向かいました。

陣痛の間隔が3分を切っていても普通に歩ける私は、

「これは、まだまだ産まれないんだろうな」

なんて思って内診を受けると

「子宮口6センチ!もう、入院の準備をして陣痛室に行ってね」

と言われ、そのままに陣痛室に向かいました。

しかし、気になるのは目が覚めてしまった3歳のやんちゃ盛りの長男の存在です。

本当は、主人についていてもらいたかったのですが、深夜に子供を連れていると、入院されている方の迷惑になるといけないと思い、自宅に帰ってもらうことにしました。

私は、強がって

「帰って良いよ!もう、2人目だし大丈夫!」

なんて言ったものの、とても不安で部屋の中をうろうろしていました。

主人と上の子を帰らせて30分後、激痛で立てなくなり、看護師さんを呼びました。

内診をしてもらうと、子宮口9センチ開いているということで、すぐに分娩台に上がるように言われました。

しかし、腰とお腹と、もうどこが痛いのかわからないくらいの激痛で、一人で分娩台に上がることすらできませんでした。

助産師さんに支えられ、どうにか分娩台に上がると、痛みに耐えられずに1人しかいない助産師さんに

「助けて~!」

と叫んでいました。

強がって主人に帰ってもらったことに後悔しながら痛みと闘い続けました。

「今、先生呼んでいるからね。少し待ってね」

と言われているのに、我慢できずにいきんでしまい、先生が到着する前に赤ちゃんの頭が出ていました。

助産師さんと先生の合図で、数回いきむと赤ちゃんがすぐにでてきました。

陣痛に気がついて慌てて産婦人科に駆け込み、わずか1時間で赤ちゃんに出会うことができました。

産まれてきた我が子の泣き声で安心して私まで泣いてしまいました。

先生も助産師さんも

「おめでとうございます!」

と喜んでいます。

でも、私のもとに来た赤ちゃんは、頭が真っ青でいびつな形をしており、何が起こっているのかわかりませんでした。

すぐに、先生に尋ねると、にこやかな表情で

「うっ血だよ~!お母さん、慌てていきむから赤ちゃんが首のところで挟まってしまったの。退院の時には消えるよ」

と教えてくれました。

この言葉で、本当に安心して我が子を抱いたのを覚えています。

出産が終わり、安心して処置を受けていたら、何やら助産師さんと先生が深刻そうな会話をしていました。

どうやら、赤ちゃんを守っていた胎盤が出てこないというのです。

出産後、助産師さんが手で私の腹部を圧迫するのがわかりました。

最初は、軽い感じだったのがどんどん強くなり、それでも出てこないのです。

まさか、出産後に腹部を押され、痛い思いをするなんて思ってもみませんでした。

「胎盤が癒着している」

と先生に言われ、それでも胎盤は出さないといけないとのことで、助産師さんと先生の処置でどうにか1時間半かかり、胎盤を取りだすことができました。

出産後の処置は、出血も多くて大変でしたが、胎盤を見せてもらった時、

「これで我が子が守られていたんだ」

と思うと、本当に

「10カ月、我が子を育ててくれてありがとう」

という感謝の気持ちしか出てきませんでした。

3758グラムと大きな男の子でした。

出産は長引くことを覚悟していたのですが、すんなり出てきてくれて親孝行の赤ちゃん。

子供が増えると苦労も増えると言いますが、やっぱり我が子は可愛くて愛おしいものです。

元気に育ってくれることだけが母の願いです。

f:id:akasuguope02:20151208011018j:plain

著者:りけママ

年齢:28歳

子どもの年齢:3か月と4歳

まだまだ幼い4歳の長男と3か月の次男と楽しく生活しています。子育てって、大変なこともたくさんありますが、振りかえると全部、良い思い出だということを感じます。決して楽ではありませんが、できるだけ笑って接していけたら良いと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

つらい後陣痛。なのに、赤ちゃんがそばにいる時だけは痛くない!
容赦なくお腹を押され、器具や手を突っ込まれ……出産よりつらかった、分娩後の二時間
私が行き着いたのは、なんと四つん這い! フリースタイルで見つける自分らしい出産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。