ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】総額40万。。。ELMO QBiC Panorama X(エルモ キュービック パノラマエックス)の性能・評価はいかに。お勧めできる360度用のカメラなのか?

  • ガジェット通信を≫

ELMO QBiC Panorama X(エルモ キュービック パノラマエックス)を購入しました。価格162,000円 (税込)です。ELMO QBiC Panorama Xの説明の前に軽くラインナップの説明いたします。

まったくの初心者がELMO QBiC Panorama Xを購入しようか悩んでいましたら、ぜひこの記事を参考にしてください。何が必要が大体分かると思います。購入して後悔して公開する前に・・・・・。

ELMO QBiC Panorama Xについて

ELMO社もアクションカメラを販売しています。GoProはスポーツ向けですが、ELMOはファミリー向けの印象が強い小型カメラです。画角が185度あるのが特徴です。QBiC MS-1がスタンダードなモデルです。さらに上位機種としてQBiC MS-1Xがあります。少し画質が良くなってます。

185度で撮影できるQBiC MS-1Xを4台セットにして、リグという4台のカメラを固定する専用器具を付属したモデルが、ELMO QBiC Panorama Xです。4台が連動するようにフォームウェアがカスタマイズされています。

ちなみに下位モデルとして、MS-1を4台セットにしたQBiC Panoramaも発売されています。


ELMO QBiC Panorama Xを使えば、高性能な360度動画を誰でも作れるというコンセプトの商品です。ELMO QBiC Panorama Xに使われているQBiC MS-1XのSPECについても、簡単に説明しておきます。

QBiC MS-1Xの画質は、1080p 60fpsが最大です。1080pとはHD画質です。1920×1080ピクセルの動画です。60fpsとは、フレーム毎秒のことで動画を構成する静止画の数とも言えます。fpsが高いほどなめらかになります。DVDの場合が30fpsです。60fpsあれば、自然な滑らかさがでます。20fpsだとちょっとカクカクという感じです。

HD画質(1920×1080)と、2K(2048×1080)は同じ感じです。規格によってピクセル数は異なるようなので、あくまでもざっくりとしたピクセル数です。

QBiC MS-1Xの解像度は普通ですがfpsが高いので、動きのある動画も取れるカメラになります。ちなみにGoProの上位機種であるHero4 Black Edition(50000円以上)は、4K(3840×2160)30fps、1080p(1920×1080)120fpsの撮影が可能です。SPECだけみたら、Hero4 Black Editionの半分ぐらいの性能と見ても良いかもしれません。

QBiC MS-1X4台の動画を合成するので、結果的には4K60fpsの動画を書き出せます。またGoProも同じですが、解像度=性能ではなく、やはりレンズやその他の部分の性能も大きく影響します。

360度動画を作るまでに必要こと。実際にさわってお届けいたします。

開封するとQBiC MS-1Xが4つ入っています。

サイズは手のひらサイズです。筐体はプラスチックです。

それぞれに番号(1~4)が割り振られています。

レンズは185度 F2.0です。かなり広角です。

専用のリグが付属しています。組み立ては簡単なので省略します。アルミ製で頑丈です。




Class10以上のMicroSDが4枚必要です。あらかじめ購入しておきましょう。私はトランセンドのMicroSDを購入しました。

4台の充電には、USBポートが4つ必要です。充電用のUSBポートも一緒に購入をお勧めします。

アプリを入れて4台を操作します。Appストア等でQBiCと検索すれば出てきます。インストールして準備しましょう。

まずマスター(1番)の電源を入れます。続いて同じように2番~4番の電源を入れます。数分でそれぞれが連動します。しばらく待ちます。

スマートフォンのWifi設定を行い、QBiC MS-1Xを認識させます。

そしてアプリを立ち上げてやっと操作が可能になります。毎回使うたびに認識するまで、1分ぐらい待つ必要があります。結構不便です。

パノラマで使う場合は、カメラ側の手ぶれ補正などをOFFにする必要があります。マニュアルを読んで設定します。

スマートフォンから、録画開始ボタンを押すと、ポロポロンと音がして、4台の録画が始まります。

撮影が終了したら、停止ボタンを押すと同じように止まります。よくエラーが出て操作ができなくなります。その時は、手動でボタンを押すことでストップできます。

撮影したファイルの転送ですが、パソコンからWifiで接続してダウンロードできれば便利なのですができません。1台1台USBケーブルで接続してダウンロードするか、MicroSDを1つ1つ取り出して、カードリーダで読み込むか、いずれかの作業が必要です。

このUSBコネクタが非常に不便です。まず蓋が邪魔です。そしてHDMIが似ているため間違えます。さらにUSBの上下で間違えて、非常にイライラします。周りにあるボタンを誤って押してしまうことも多いです。USBの規格もUSB2.0のため、大きな撮影ファイルの場合はとても時間がかかります。

MicroSDも取り出しづらいです。そしてMicroSDは、反対向きでもある程度挿入できてしまいます。しかも取り出せなくなります。とても焦りました。MicroSDの裏をレンズ側に向けていれる等マイルールが必要です。

MicroSDのほうが、USBより転送速度が多少早いため、私はMicroSDでデータを移動しています。4台のファイル名がすべて同じなので、ファイル名の書き換え等が必要です。このあたりも非常に面倒です。

付属ソフトはありません。

ELMO QBiC Panorama Xには、画像の付属ソフトがありません。自分で専用のソフトを用意する必要があります。360度動画を作成する一番有名なソフトは、kolorのautopano proです。そしてautoano gigaも必要です。2つのソフトで10万円以上かかります。

名前が似ていますが別のソフトです。まず360度の動画編集ソフトでautopanoとautopano proがあります。pro版はGPU処理ができます。GPU処理ができないと時間とてもかかります。pro版を選ぶしかありません。

動画の張り合わせ(ステッチング)ソフトもautoanoとautoano gigaがあります。これも同じです。giga版を選ぶしかありません。※無料体験版を使えばもちろん無料です。

出力にロゴが入るなど制限がありますが、無料体験版でもフル機能が使えます。
http://www.kolor.com/autopano-video/download/
http://www.kolor.com/autopano/download/

動画を処理するにあたってCore i7、GTX960,16GBのメモリぐらいあると、ある程度快適に動作します。デスクトップパソコンで15万ぐらいです。グラフィックカードを搭載していないノートパソコンだと、時間がかかります。時間がかかってもOKならノートパソコンでも作業できます。

以上で撮影をして360動画を作る準備ができました。ELMO QBiC Panorama Xと合わせて軽く40万円ぐらいお金がかかりました。正確にいえばELMOだからお金がかかったのではなく、今360度動画をやろうとすると、そのぐらいお金がかかります。

GoProを使うならもっとお金がかかるでしょう。コダックのPIXPRO SP360等なら、もっとずっと安く済みます。

ちょっと休憩。ELMO QBiC Panorama Xの画質比較をします。

まず静止画で画質を比較します。QBiC MS-1Xは3万円以上しますが、画質はあまり期待できず、185度という広角が一番の特徴となります。また静止画はあまり得意ではない機種です。静止画が動画の品質につながっているとはいえませんが、185度の広角であることが特徴だなという印象です。以下静止画の比較です。

1.シャオミー1万円のスポーツカム
2.QBiC MS-1X(ELMO QBiC Panorama X)
3.E-410(8年前の1000万画素一眼レフ+魚眼レンズ)
4.iPhone6のカメラ

1.シャオミー1万円のスポーツカム

2.QBiC MS-1X(ELMO QBiC Panorama X)
3.E-410(8年前の1000万画素一眼レフ+魚眼レンズ)
4.iPhone6のカメラ

1.シャオミー1万円のスポーツカム 右ノート拡大

2.QBiC MS-1X(ELMO QBiC Panorama X) 右ノート拡大

3.E-410(8年前の1000万画素一眼レフ+魚眼レンズ) 右ノート拡大

4.iPhone6のカメラ 右ノート拡大

1.シャオミー1万円のスポーツカム 正面拡大

2.QBiC MS-1X(ELMO QBiC Panorama X) 正面拡大

3.E-410(8年前の1000万画素一眼レフ+魚眼レンズ) 正面拡大

4.iPhone6のカメラ 正面拡大

1.シャオミー1万円のスポーツカム 左の椅子拡大

2.QBiC MS-1X(ELMO QBiC Panorama X) 左の椅子拡大

3.E-410(8年前の1000万画素一眼レフ+魚眼レンズ) 左の椅子拡大

4.iPhone6のカメラ 左の椅子拡大

肝心のELMO QBiC Panorama Xの画質はどうか?

私もいくつか動画を撮影したのですが、はっきりいってこのぐらいの画質です。

完璧な設定をすればこのぐらいの撮影ができるのかもしれません。ちなみにTPhotoworksさんは、QBiCの監修をしているところです。

まあなんというか。。。これで40万。。。きっつーーーーと感じた人は、シャオミー1万円のスポーツカムを買って、普通に広角155度の動画を楽しんだ方がはるかに楽しめます。

でも2016年はVRの年になりそうですので、ちょっと360度動画を知りたい人は、個人レベルでも楽しめる環境を作れると思いますよ!

QBiC Panorama X
http://www.elmoqbic.com/panorama/jp/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP