ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬が飼い主にみせる「10の愛情表現」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

shutterstock_110256479のコピー

いつも私たちのそばに寄り添って、癒しを与えてくれるワンちゃん。単なるペットではなく、家族の一員のように大切に思っている方も少なくないでしょう。実は私たちがワンちゃんを想うように、ワンちゃんだって体を使って愛情を表現しています。ここにまとめました!

1.しっぽを振って好きだよアピール

しっぽを振って好きだよアピール

しっぽを振るという行為は、分かりやすい愛情表現のひとつです。帰宅したときに、勢いよく走って来てしっぽをフリフリしているのを見ると、こんなに帰ってくるのを楽しみにしていたのだと嬉しい気持ちになりますね。

2.前足をのっけてくるのは、遊んでほしいのサイン

2足立ちで前足を飼い主の足元にのっけてくるしぐさ。これは、子犬が母親に乳をおねだりするときのするしぐさなのだとか。飼い主に前足を突き出してくるときは、構ってほしい、遊んでほしいというサインです。たっぷり遊んであげましょう。

3.「笑顔」のときは、嬉しいときや幸せなとき

笑顔

目を細めて、舌を出している愛犬の表情、それは人間でいうところの笑顔のような意味があるとか。

そのキラキラとした瞳に思わず飼い主も笑顔になることでしょう。これは、一緒にいると幸せだとか嬉しいという気持ちを表しています。笑顔の愛犬には見つめ返して笑いかけてあげましょう。

4.スリスリしてくるのは、甘えたいとき

愛犬が飼い主に近づいてスリスリしてくるときは、甘えたいときや、散歩に行きたいというときの合図。ただ、愛犬の表情が硬いときは不安なときでもあります。少し不安そうな顔をしていたら思いっきり抱きしめてあげましょう。

5.頭をコッツンは、ご主人への信頼のあかし

信頼のあかし

愛犬が頭や鼻で顔にコッツンとしてくるのは、飼い主を信頼しているよというサインでもあり、主人として認めているよというサインでもあります。
いうなれば、しっかりしつけができている証拠でもあります。頭をコッツンとしてきたら、温かな目で見守ってあげましょう。

6.深いため息は、満足している証拠

人間がストレスと感じるときにため息をついたり、安心しているときや満足したときに深いため息をつくように、愛犬もため息をつくことがあります。ため息が深ければ、現状に満足している証拠です。ただ、短いため息はストレスを感じている可能性もあるので要注意。

7.仰向けでお腹を見せるのは、信頼しているから

お腹を見せるのは信頼の証

お腹は犬の急所でもあります。お腹を見せたり、仰向けになって寝ているのは、飼い主のことを信頼しているから。また、構ってほしいというサインでもあります。愛犬がお腹を見せてきたら、いつも触れないような部分も撫でてあげましょう。

8.ご主人のものに囲まれて寝るのは好きだから

いつの間にか愛犬が自分のベッドに寝ていたり、置いていた服の中で寝ていたりするのは飼い主のことが好きだからです。犬は人よりも数千から数万倍も優れた嗅覚を持ったいきもの。飼い主のにおいに囲まれることでリラックスできるのです。

9.顔をペロペロするのは、甘えたいサイン

甘えたいサイン

顔をペロペロなめる行為は、子犬が母親に甘えるときにする行動で、飼い主に甘えたいときのサインでもあります。また、飼い主に対する親愛のあかしでもあるのだとか。ただし、犬の口の中は細菌だらけ。感染症を引き起こすこともあるので、止めさせた方が良いでしょう。

10.飼い主が落ち込んでいるときは、寄り添って癒してくれる

飼い主が落ち込んでいるときに一緒に寄り添ってくれるのは、飼い主に対して愛情があるから。ときには涙をペロペロと拭ってくれるときもあります。やはり大切な人が落ち込んでいると悲しいもの。寄り添うことで早く元気になってほしいと思っているのです。

こうしてみると、愛犬の愛情表現はなんだか愛らしいと感じませんか。からだや表情で飼い主に対して自分の気持ちをアピールしているのです。愛犬が愛情表現をしているときは、愛情を持って優しく接してみましょう。愛犬にも気持ちが伝わるかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

仕事ができない人に共通する7つの特徴
「無口な人」の心理と性格の特徴10
【思わずナットク?】O型あるある20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。