ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外の「折り紙(Origami)」のレベルが想像を遥かに超えていた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

諸説あるものの、一般的に「折り紙」は日本の伝統文化のひとつ。求められる細やかな手先の動きが脳の発育にも役立つとされるなど、いまや世界中の人々を惹きつける遊びとなっています。

今回紹介するGonzalo Garcia Calvoさんも、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった模様。スペインはマドリードから、私たち日本人が思わず唸ってしまう作品を発信中です!

欧州発“Origami Art”の
知られざる実力とは?

メインとなるのは、さまざまな種類の動物たち。命を吹き込まれているかの如く、リアルな作品が並びます。

中には、ペガサスやマンモス、恐竜といった生き物も。

人の手やモノが写り込むと、作品はまた違った印象に。

生き物だけでなく、楽器だってこの通り。というのも、実はGonzaloさんの本職はミュージシャンなのだとか。

これが欧州発「Origami Art」の実力。写真撮影も含め、ひとつの作品として完成していますよね!その世界観に魅了されたという方は、ぜひコチラから他の作品もチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Gonzalo Garcia Calvo

関連記事リンク(外部サイト)

「中国と香港は、違います」香港人が制作した、20枚のイラストが話題に
使われなくなった「鍵」が、命を吹き返した瞬間
もし、名画の中の人物たちが動き出したら・・・(動画)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP