ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツ伝統のクリスマス菓子「シュトレン」ってなに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


シュトレンってなに?

ここ数年、冬の始まりにブラッセリーやパティスリーに行くと、「シュトレン予約受付中」という案内を目にする機会が増えていませんか? ドイツ語で「棒」を意味するシュトレン、またはシュトーレンとは、ドイツに古くから伝わる伝統菓子のこと。バター、ドライフルーツ、ナッツを加えた生地を二つ折りにして発酵させ、焼いた後にたっぷりの粉砂糖をかけた甘いパン菓子です。

誕生の地はドイツ!

シュトレンが誕生したのはドイツ東部のドレスデンという都市。歴史は古く、14世紀頃から新年や収穫祭などの祝い事の折に作られていたものが、いつしかクリスマスシーズンの定番菓子になったのだとか。砂糖漬けにしたドライフルーツを入れた生地を長方形にのばして二つ折りにし、中央が少し盛り上がった形で焼き上げる独特の形状は、イエス・キリストのおくるみ、ゆりかごの形を模したもので粉砂糖は生誕の日の雪を表しているという説をはじめ、東方三博士が誕生直後のキリストを訪ねたときに持っていた杖を模したという説、神父がかける袈裟(シュトーレ)を模したものという説などがあります。

いずれにせよ、キリスト教と関わりが深い祝い菓子であることは間違いないでしょう。ドイツでは待降節(クリスマスの1カ月前)の頃から各家庭でシュトレンが焼かれ、日曜日ごとに一切れずつスライスして食べながら、クリスマスを待つという風習が今も残っています。

バリエーションも豊富

ドライフルーツやラム酒の風味が次第にパン生地へ移っていくため、日を追うごとに味が馴染んでおいしくなっていくのもシュトレンならではの特徴。また、ドイツでは地域によってさまざまなバリエーションがあります。アーモンドパウダーを練り込んだ「マンデルシュトレン」、マジパンを練り込んだ「マルジパン」、芥子の実を練り込んだ「モーンシュトレン」、ナッツを練り込んだ「ヌッシシュトレン」、外側にバター、中にレーズンやアーモンド、ドライフルーツを練り込んだ「ブターシュトレン」、はたまたチーズを練り込んだ「クワルクシュトレン」も。

粉砂糖がたっぷりかかった甘い味は、大人も子どももおいしく食べられるはず。今年はシュトレンを一切れずつ楽しみながら、クリスマスへ向けて気持ちを高めていきませんか?(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

クリスマスに手作りするならこんなケーキもいいですよ!

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP