体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

AmazonにおけるApple周辺機器の絶対王者といえるAnkerの新型スピーカSoundCore (ポータブル Bluetooth 4.0 スピーカー)をさわって見てお届けします。

主な特徴を紹介します。省電力技術による24時間再生、約20m以内の機器に接続可能なBluetooth4.0対応、透き通った音を実現したデュアルドライバーと螺旋状バスポート、出力は3W×2chです。価格は4000~5000円。サイズは165×45×54mm(幅×奥行き×高さ)、重量は358gです。18カ月保証も安心です。

Ankerの新型スピーカSoundCoreをAmazonでチェック

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

Ankerは工場卸価格みたいな設定で、メーカ直販(Amazonで)をしている会社です。その上は高品質です。お値段以上のAnkerです。例えば同じ商品を、OEM等で販売している日本の周辺機器メーカが販売したら、コストは同じでも自社の利益と流通の利益が必要なので、2倍ぐらいの価格設定になるはずです。

Ankerの商品がいいなぁーと思ったら、Ankerを買っておけ。というメーカになります。家電量販店で10000円ぐらいで売っているスピーカ等と、同じ製造コスト(品質)という感覚でよいと思います。電量販店で5000円ぐらいのスピーカを買うなら、Ankerのほうが絶対に良いはずです。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

実際にさわってみます

モバイルスピーカとしては比較的奥行があります。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

全体はさらさらしたラバーで覆われています。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

このラバーは、指紋が付きやすく残念です。汚れが目立ちやすいです。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

358gですが重さはズッシリと感じます。鞄に入れて簡単に持ち運べますが、常時持ち歩くものではないでしょう。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

ボタンは、電源ON/OFF、ボリュームダウン、再生/停止/スキップ、ボリュームアップ、ペアリングボタンです。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

ボタン類はちょっと固めです。凹凸があるので手触りで分かります。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

端子は、側面にステレオミニ入力と充電用のMicroUSBを備えています。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

底面には小さな突起状の足があります。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

SoundCoreは簡単ペアリングできる

SoundCoreの電源を入れます。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

iPhoneなどのBluetoothの設定画面を開き接続します。これで次回からは自動で接続されます。

Ankerの新型スピーカSoundCoreは、価格の割には品質が良くて無難だな~王者だなーという感じでっす。

SoundCoreから各種操作ができる

スピーカ本体から、iPhoneなどの音楽再生側の機器を操作できます。ボリュームのアップダウン(iPhone側の音量自体を操作します)や、再生を3回クリックすると次の曲へ進みます。

1 2 3次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。