ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』近藤正臣 友近、升毅、山内からの質問に回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK連続テレビ小説『あさが来た』。週間視聴率が放送9週連続20%を超え絶好調だ。魅力的な登場人物のなかでも注目が集まっているのは、玉木宏(35才)が演じる新次郎の父・正吉役の近藤正臣(73才)だ。

 そんな近藤に興味津々の共演者から、質問状。果たして、近藤はなんと回答するのか? まずは、うめ役の友近から。

「近藤さんは落語家さんのように話されますが、昔から落語を聴いていたんですか?」

「古いですね。桂米朝さんと知りおうたのは、20才になる前ですから。それから米朝さんの追っかけやって、京都のお寺やなんかで入場料100円くらいでやっていた頃でした。

 そのうち米朝さんが『ぼん、また来たか、今日はただで見せたる』と言うてくれて『おおきに!』みたいなね。今は車の中でも落語をよく聴いています。みなさん音楽をお聴きになるけど、私は落語の出囃子以外はあまり聴いてないね。テケテンツンツン…これ音楽ですな」(近藤)

 続いて、今井忠興役の升毅からの質問だ。

「過去出演した朝ドラと『あさが来た』の違いはありますか?」

「別段ないですね。『ごちそうさん』は大正から、関東大震災があり、昭和に入っていく時代が舞台設定でした。『カーネーション』も戦前から現代ですね。つまり、時代の変わり目変わり目をやっているわけですね。『あさが来た』も幕末から明治という時代の変わり目です。変化していく時代というのは、やっぱりやっていておもしろいんですね」(近藤)

 雁助役の山内圭哉からは、その俳優としての魅力に質問が及んだ。

「70才を過ぎてもどうしてそんなに魅力的でいられるんですか?」

「年を取るというのは、なかなかおもろいこっちゃなと。今まで見えへんかったものが見えてくるし、今までええなと見ていたものがなんやつまらんなと思えてくるし、いろんな変化があるんやね」(近藤)

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人間国宝・桂米朝と星野仙一の顔が似ていると伴田良輔指摘
桂米朝の実子・桂米團治 積極的に父をネタにしファン喜ばす
音楽雑誌編集長が書いた「現代落語の基礎知識」10のキーワード

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP