ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグビー日本代表 補欠の元キャプテンが起こした奇跡とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《世紀の大金星》

《史上最大の衝撃》

 9月19日にイギリスで行われたラグビーW杯の南アフリカ戦は、今年、もっとも日本を沸かせたニュースといっても過言ではないだろう。

 この時南アフリカはW杯で最多2度の優勝を誇るチャンピオンチーム。対する日本は、予選リーグでわずか1勝しかしたことのないチーム。それなのに、試合終了直前、3点差を追う日本は最後のプレーで逆転のトライを奪い、34-32で勝利した。

 奇跡――確かにそうだった。しかし、それはあるひとりの男によって、導かれるべくして導かれた勝利だった。

 その男は、ラグビー日本代表元キャプテンの廣瀬俊朗選手(34才)。今回のW杯で廣瀬は、代表メンバーではあったが、一度もピッチに立つことなく、ベンチに入ることも叶わなかった。

 廣瀬は身長173cmと小柄だが、複数のポジションをこなせる器用さを武器に活躍。東芝で主将としてチームを引っ張る姿に感銘を受けたエディー・ジョーンズヘッドコーチが2012年の就任後、「素晴らしいキャプテンシー」と、代表経験がほとんどなかった彼を迷いなくリーダーに任命した。しかし、W杯まであと1年半に迫った2014年1月、廣瀬はキャプテンを解任された。

「若い選手が成長してきて、廣瀬さんのレギュラー入りが確約できない状況になっていたんです。レギュラーでなければキャプテンにはなれないので、チームとしても苦汁の選択でした。というのも、廣瀬さんは、それまでずっとチームの精神的支柱だったからです」(スポーツ紙記者)

 廣瀬の心はぼろぼろだった。「引退」という言葉が何度も浮かんだという。そんな廣瀬を支えたのが家族だった。2009年に結婚した妻との間の子供は、言葉を話し、走り回るほど大きくなっていた。

「ねえあなた。キャプテン、お疲れ様。今まではキャプテンのことばかり考えてきたでしょ。これからはラグビーだけに集中できるわね。今まで仲間がキャプテンのあなたを支えてきてくれたように、今度はあなたが支えてあげたら」

 廣瀬は、この言葉に、どれほど救われたことだろう。それからは気持ちを切り替えて、彼は仲間のために動いた。ラグビーW杯初戦は南アフリカ。日本が勝つのは難しい、と誰もが思っていた。

「でも、廣瀬さんは前しか向いていませんでした。練習後、深夜になってもパソコンの前から離れなかったそうで、何をしているかといえば、対戦相手の研究をずっとしていた。そして仲間のために、相手役を何度も演じたんです」(ラグビー関係者)

 しかし南アフリカ戦が近づき、メンバーの緊張は日々高まる一方。「このままではいけない…」。そう思った廣瀬はある行動に出た。

「お願いがあります。今度の南アフリカ戦、どうしても勝ちたいんです。何としても勝って、ラグビーの歴史を変えたいんです。日本のみんなの力を貸してくれませんか」

 そう言って、廣瀬が練習や研究の合間に電話をかけていた相手。それは、W杯の代表にもれた選手や関係者たちだった。その応援メッセージは11月29日放送の『今だから話せます~スポーツ劇的人生物語』(TBS系)の中で紹介された。

「日本代表の皆さんベスト8目指して頑張ってください! ジャパン! ウェーイ」

「日本の新しい歴史を作ってください」

「日本のプライドを見せてください。GO! JAPAN!」

 南アフリカ戦の前日のミーティングで流されたこのVTRから伝わる「歴史を変えたい」という熱い思い――ピッチに立つことは叶わなかったが、廣瀬と同じ願いを持つ仲間たち約700人の熱いエールは、確かにチームの空気を一気に変えた。

 そして冒頭のとおり、日本は南アフリカ戦で「奇跡の大金星」をつかんだのだった。そして、この物語には続きがあった。W杯最終戦前日のミーティングでのことだ。

 五郎丸歩をはじめ、全メンバーがそろうなか、現キャプテンのリーチ・マイケル選手(27才)から廣瀬へジャージーが手渡された。自分がピッチに立つことをあきらめることなく、毎日猛練習に励む一方で、毎晩仲間のために対戦相手の研究をし、相手のアタックやディフェンスを実践してきた廣瀬。ベンチ入りできなくとも、彼は間違いなく、一緒に戦うメンバーのひとりだったのだ。

 みんなの温かい拍手のなか、挨拶をする廣瀬。子供の頃からシャイで、人前に立つのが苦手だ。それにも増して、この時ばかりはうまく言葉がつげない。涙で震える声をふりしぼってこう言った。

「こんな形で(ジャージーを)もらえるなんて全く思ってなかったので、すごくうれしいです…このチームのみんなが好きだから、もう1回頑張りたいなと思ってずっとやってきて、ワールドカップもリーグ戦最後(涙を拭う)…ここまで来れて本当にうれしく思ってます。本当にみんながいたからここまで頑張って来れたし、明日もう1回このジャージーを着て、思いきりラグビーを楽しめる時間がみんなにはあると思うから、その思いをもって戦ってほしいなと思います。本当にありがとうございます」

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
ラグビー代表・五郎丸 妻と長男の運動会での団らんショット
ラグビー日本代表 専門家は「3勝1敗」での予選通過を予想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。