ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹内力が演歌デビューの裏側を告白 親友、最愛の父の死も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コワモテのルックスで「Vシネマの帝王」とも呼ばれる個性派俳優・竹内力(51才)。演歌に初挑戦し、『桜のように』を9月にリリースした。自ら作詞を手掛けており、他界した親友への思いを込めたという。また、曲が誕生した直後、最愛の父を失っていた。制作のカゲにあった知られざる秘話を竹内が独白――。

 * * *
 この前、NHKの歌番組に初めて出たんだけど、『桜のように』を歌うと、やっぱりアンドレ(俳優・安藤麗二さん・享年45)を思い出す。目の前に出て来るよね、どうしても。それで声が振るえた。嬉しくて、泣きそうになっていた。

 幽霊とかじゃないんだよね。俺の中の幻影というか。彼にいてほしいという気持ちが詞に入ってるから、歌っていると目の前に出てくるんだろうね、あいつが。

 親友のアンドレが亡くなったのは約5年前のことだった。肺がんだった。それから年齢的にも、死というものを考えるようになったんです。

 今年の正月に、初めて高校の同窓会に出たんですよ。そういう場って、何組の誰々が死んだという話になるんだよね。結構、死んでるんだよ、俺らの年になると。どんどん死が近くなっているなと思って。

 誰々が亡くなったと言って、10分くらいはその話をしているんだけど、30分もすると死んだ人の話よりも、あの頃はこうだったって思い出話になっちゃう。人ってこういうものなのか、クールだなというか、淋しいなという気持ちもあった。2次会でカラオケに行ったんだけど、みんな普段歌っているような曲を歌うんだよ。それにもちょっと違和感があって。

 卒業式なら『贈る言葉』、結婚式なら『乾杯』とか、何となく定番曲があるでしょ。でも葬式とかで人を悼む曲ってそんなにないじゃないですか。あってもいいと思ったんだよ。

 そんな思いもあって、アンドレに捧げた詞を書いていたんです。機会があって、山本譲二さんにその詞を見せて、「演歌をやりたいんです」と言ったんですよ。俺は年代的にも演歌で育ってきて、いつか歌いたいという気持ちがあったんです。

 すると山本さんが、「やろう! 俺はプロデューサーをやろうかな。曲は俺の親友の吉(幾三)に書いてもらおう」って、とんとん拍子に進んだんですよ。吉さんも快諾してくれて。昨年末に、寿司屋で決まりました(笑い)。

 1か月くらいで曲があがってきたので、聞いてみたんです。ちょっと沈んだトーンを想像していたんだけど、ぜんぜん違ったね。詞は前向きなんだけど、更に前向きなメロディーになっていて、やっぱり吉さんは天才だな、さすがだなと思いました。

 曲のタイトル『桜のように』は俺がつけました。アンドレは海に散骨されたんです。散骨の骨が、桜のように見えたであろうという俺のイメージで。発売前に彼の実家にCDを届けに行ったら「息子は桜の花びらのように綺麗に散って、海に溶けていきました。力さん、よくわかってくれましたね」って、お母さんが喜んでくれてね。この曲を作って良かったなって思いましたね。

 その後、編曲とかレコーディングがあって、9月16日にCDを発売したんだけど。その1か月前、曲自体はできあがっていたから、療養中の親父に聞かせようと、大分の田舎に帰省する予定だったんです。予定していた日の前日、妹から連絡が入って「おとうが亡くなった」と。「そうか…。明日、帰ろうと思ってたんだけどよ」って。

 俺は、どちらかというと安楽死というものが日本で許されるなら、早く楽にしてあげたいと思っていた。本人が殺してくれって言うぐらい辛い状況でもあったし。親父からすると、子供に迷惑をかけるのは申し訳ないという気持ちがあったんだよ。

 俺は30才の時に、首の骨を折って死にかけているんです。9時間半手術して、1年くらい仕事もできなくて、リハビリして。そのときに、このまま体が動かないままだったら死にたいと思った。首から下は動かないし、でも脳みそは普通なわけよ。天井しか見えないし、このまま生きていても迷惑をかけるだけだしなと思って。

 そういう経験をしているからかもしれないけど、親父の気持ちもわかって。脳梗塞を3回患って、そのたびに親父は衰えていった。目も不自由だし、会話もほとんどできないし、チューブで栄養剤を入れているだけ。そのうち、殺してくれも言えなくなって…。

 親父は83才でした。葬式・通夜の間中、『桜のように』とカップリングの曲『別れても離れても』を、ずっと流しました。親族はいい曲だと言ってくれてね。親父の気持ちは今となっては想像するしかないんだけど、きっと喜んでくれたかなって。

 俺は俳優やってるから、仕事があったら親が亡くなっても葬式には行けないと考えていたけど、親父が亡くなったのはちょうど俺が休みで帰省しようとしていた時だった。死に目には会えなかったけど、きっとこの曲が、天国のアンドレにも親父にも俺を引き合わせてくれたんじゃないかって。そう思ってるよ。

【竹内力】
1964年1月4日生まれ。大分県出身。俳優、歌手。86年に映画デビューし、「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズで人気を博す。さらに、TV・CMをはじめ、吹き替えやナレーションなどさまざまなシーンで活躍。今年9月、シングル『桜のように』を発売し、演歌歌手としてもデビューした。自身の映像製作会社RIKIプロジェクトの代表取締役。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ユニクロのヒートテックに関する母ちゃんからのおバカメール
社内で肉を焼く男、女係長を刺す男などお騒がせ社員たち
44才女性 エレベーターで小学生から文句言われあっかんべー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP