体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三菱UFJニコス発行のクレカ「ビアソカード」が人気急上昇中

記事の画像1 最近、人気急上昇中の三菱UFJニコスが発行しているVIASOカードがお勧めです。

新しくクレジットカードを作るのを考えていますか?もっとポイントがたまるカードを探していますか?どうせ新しく作るなら海外保険などもついていたらいいのに!と思っていますか?一つでも該当したあなたには、最近、人気急上昇中の三菱UFJニコスが発行しているビアソカードがお勧めです。

出典:http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%89%E8%8F%B1UFJ%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%82%B9%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-VIASO%EF%BC%88%E3%83%93%E3%82%A2%E3%82%BD%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89/dp/B00DJ0Z4XQ

ビアソとは??何語?と思われた方も多いはず。実は日本語です!日本語のアソビASOVI(遊ぶ)を少しもじってビアソと名付けられました!日本語なので結構印象に残る名前なのではないでしょうか。気になる年会費はなんと無料です。それも最初の1年だけ無料というものではなく、ず~っと無料。これは嬉しいですね!!

ビアソカードの特徴

クレジットの発行ブランドもVisa、Mastercardの2種類から選べます。年齢も18歳から申し込むことが出来ますので、大学生から、社会人の方、また主婦の方で気楽に持ちたい!という方まで幅広く対応しているカードです。追加可能カードとして、ETCと家族会員カードも追加できますよ。また気になるのはポイントではないでしょうか。還元率などはまた後で詳しく説明いたしますが、嬉しいのはオートキャッシュバックがついている事です。オートキャッシュバック??と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、簡単にいうと、たまったポイントを自分で変換するのではなく、自動的に現金に換えてくれるという嬉しいシステムの事なんですね。つまり、わずらわしい手続きなど何もいらないということです!!これは魅力的ですね。また家族で使いたいという方もいらっしゃると思います。家族カードも年会費が永年無料になっていますのでお得感たっぷりですね。

ビアソカードのポイント

出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142596790310186001

さてさて、そこまで条件がよいとポイントがあまりよくないんでしょ?と思われている方、実はそうではないんです。使い方によってはポイントが通常のカードよりたまりやすくなっているんです。では、ポイント還元率について少しお話ししますね。まず通常ポイントは1000円使うたびに5ポイントたまります(Iポイント1円です。)つまり還元率0.5%ということですね。これを聞くとあんまりよくないんじゃない?とか普通だね。という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。ポイント優遇サービスというものがあります。なんとこれは通常の2倍のポイントがたまるんです。これは特定の加盟店で買い物するとこのポイントになります。そんな特定加盟店のお店って高いんじゃないの?思われるかもしれませんが、そんなことはありません。高速道路を使う時に必要なETCの支払、生活必需品ともいえる携帯電話、PHS、そしてインターネットのプロバイダ料金がなんと全部対象になるんです!これはいいですね!つまり生活費として払う物をこのビアソカードを使って支払えばかな~り効率的にポイントをためられるということなんですね。そしてさらにカード会員モールというものがあります。このサイトの提携しているお店、例えばAmazonやYahoo!などで買えば通常ポイントに加えて、さらにポイントがたまるんです。お店によってポイント率は違いますが、例えばAmazonだと1000円ごとに5ポイント、Yahoo!ならば1000円ごとに10ポイントも付いちゃうですね。カードの名前の由来通りまさにアソビ(遊び)にふさわしいですね!また気になるポイントの交換先ですが、なんと現金に還元されます。前述で述べたとおり、めんどくさい作業は一切なし、1ポイント1円としてオートキャッシュバックしてくれます。

1 2次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy