体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

今年最後のパン女子会

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

シュトーレンの食べ比べ!

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

それからフランスパンも!

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

ワイワイがやがややりながら写メ撮りまくり、今回も賑やかなパン撮影会で始まったパンスタ クリスマス会。

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

一年のパン活動をひとりひとり総括する発表の場では度々話が脱線しましたが(女子の特徴です> <笑)行きつ戻りつもしっかり情報交換、最近は海外旅行先での「パン活」話も珍しくなく、わたしたちもグローバルな「パン観」を持ち合わせる必要性を感じました。

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

なかには、自慢の腕をふるってクリスマスパンを焼き持ってきてくださった方々もいらっしゃって、すばらしい!会場のムードを大いに盛り上げてくださいました。ありがとうございました。

毎日食卓にフランスパンを!

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

「いいフランスパン(11月28日)」
開催した11月28日は奇しくも日本フランスパン友の会(そんな組織があるんですねえ)が制定した「フランスパンの日」。途中ちょっぴり真面目なパンクイズコーナーを挟み、パンへの造詣を深めました。

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

参加者の中に、台湾系アメリカ人アニーさんがいらっしゃいました。アニーさんは米コーネル大学の大学院博士課程でアジア人類学を学ぶ学生さん、現在は都内の大学に研究生として身を置きながら、日本人のパン食文化についての論文を執筆中だそうです。

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

アニーさんは、実家のあるニュージャージー州のインドパン屋さん(そう表現していました)、クリスマスシーズンにお店に並ぶスパイスたっぷりな菓子について紹介し、参加者の関心を集めていました。アニーさん、パンスタの女子会は論文資料として参考になりましたでしょうか?アジア人のパン食文化についての考察、出来上がりましたら是非見せてくださいね。

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

クライマックスは、おおきな大きな「クリスマスパネトーネ」をカット、イタリア版クリスマスケーキを楽しみました。パネトーネ(panettone)は「大きなパン」という意味です。由来は諸説ありますが、私はトーニのパンという意味のパーネ ディ トーニ(pane di toni)が訛ったとされる説が一番気に入っています。さらに、命名物語も様々な内容がありますが、昔、トーニという貧しい青年がパン屋の娘に恋をして、その父親に娘との恋を認めてもらおうと一生懸命美味しいパンを作り続け、ある日偶然に教会のてっぺんにあるような丸いドーム型のパンが出来上がり差し上げたところ、大変おいしいと評判になり、無事に結婚を認めてもらい幸せに暮らしたとか。私はこの物語が一番しっくりときますね。

パネトーネとパンドーロ

一足お先にクリスマスパン 恒例!パンスタ女子会

パンスタクリスマス会!
最初の年は、イタリア「ロイゾン社」創立75周年限定版のパネトーネ(1キロ)をまだ残暑厳しい頃早々に予約をし、ゴージャスに切り分けました。プロセッコワインに漬けたドライフルーツの贅沢な香りを堪能しましたっけ。その翌年は、もうひとまわり大きな「ドンク(&ジョアン)」のパネトーネグランデ(1.5キロ 焼成前)を、そして今年も引き続き同社のパネトーネグランデとパンドーロを!大きくて楽しいです。パネトーネやパンドーロはリッチでソフトな口当たり。どちらもイタリアの伝統的な発酵菓子です。シュトーレンに比べて日本ではまだあまり知られていないパネトーネやパンドーロです。後日、(株)ドンクさんに問い合わせをして回答をいただきましたので、この場を借りて皆様にお知らせしたいと思います。

1 2次のページ
パンスタの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。