ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青空に向かって人びとが歩いている!?だまし絵みたいなアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人が空に向かって歩いている!?そんな不思議なアート写真を見つけたのでご紹介しよう!

もちろん実際に人が垂直方向に歩いているわけではない…その製作手順は至ってシンプル。

まず、ペイントされた等身大のフィギュアを10体製作する。

リアル過ぎてちょっとコワい!?

それを鉄パイプの上に固定させていき、残りのフィギュア数体をその周りに置く。

そうすることで、人が空に向かって歩いているかのような構図が完成するのだ。

写真を撮れば、こんな不思議な風景の出来上がり!

 

青空に向かって歩いていけたら、どんなに心地よいだろう!?

ちなみにこの鉄パイプにフィギュアを乗せるために、クレーンを使用して足の部分を鉄パイプにはめ込んでいるそうだ。

写真を撮るためにここまで大掛かりな作業があるなんて、見た人には想像がつかないだろう。

写真にうつるフィギュアは、まるで本当に人が空に向かって歩いているように見える。

このアイディアはアーティストのJonathan Borofsky氏によって考案された。

 

これらの写真はWalking To The Skyというプロジェクトとして、Jonathan Borofsky氏のウェブサイトに多数公開されているので、気になる人はチェックしてみて。

Jonathan Borofsky
写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP