体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表していくーー。

「響子先生への家族授業」は、結婚を控えたとある日に、教師である花嫁へと家族が贈る“サプライズ”です。

「それでは授業を始めます」
まずは…

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

次男・ヨウタ先生。響子先生の兄です。

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

国語の先生になりきり、ある“作品”を紹介。それは「とある結婚を控えた妹に、兄が書いた手紙」、そう、ヨウタ先生から響子先生へ書かれたもの。

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

その内容に思わず涙。

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

ヨウタ先生も涙を堪えている様子。

続いて、母・ケイコ先生

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

ケイコ先生は母親の視点で授業を進めていきます。

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

語られるのは、幼少期の、そして学生時代の響子先生ーー。そのどれもが懐かしく素敵な思い出たち。

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業 【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

最後はやはり涙…。

そして、夫・タロウ先生

【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。