ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

光が煌めく、幻想的な世界♡世界一有名なドイツのクリスマスマーケットに行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

街中もクリスマスのイルミネーションが輝き、一年で一番ロマンチックな季節の到来です。

さて日本でもクリスマスマーケットのイベントが行われるようになりましたが、本場ドイツで一番有名なニュルンベルクのクリスマスマーケットに行ってきましたので、レポートします!

 

ドイツのクリスマスマーケットの歴史

Christkindlesmarkt’1

photo by www.bestholidaydestination.net

クリスマスマーケットが初めて開催されたのは、1300年代と言われています。

その地は、フランクフルト、ドレスデンなど諸説あります。その頃は、今日のクリスマスマーケットとは異なり、寒い冬を前に日用品を買い込む機会だったと言われています。

 

現在、クリスマスマーケットとは、大きなクリスマスツリーに、屋台が並び、クリスマスのオーナメントやクリスマスならではのお菓子や飲み物を楽しむものへと変化しています。

ドイツ国内では各地で趣きの異なるクリスマスマーケットが開催され、その数2,500以上!

現在ではクリスマスシーズンを迎えると、ドイツ国内のみならず、世界中から本場のクリスマスマーケットを求めて人々が訪れるようになりました。

 

世界一有名なニュルンベルクのクリスマスマーケットへ行ってみた!

DSC05627

photo by Akiko

ドイツ3大クリスマスマーケットと言われているのが、世界最古のドレスデン、世界最大のシュトゥットガルト、そして世界一有名なニュルンベルクです!

ニュルンベルクは、バイエルン州では、ミュンヘンに次いで2番目に大きな都市として知られ、日本から直行便もあるミュンヘンから列車で約1時間。

17世紀初め頃から開催され、カール4世をモチーフとした人形の仕掛け時計を有するフラウエン教会の正面にある中央広場で開かれます。

 

まるでおもちゃ箱の中のような楽しさに心が弾む♡

Christkindlesmarkt-Nuremberg-Germany-by-night

photo by pre-tend.com

赤と白のストライプの屋根の屋台が隙間なく並び、クリスマスのオーナメント、本場ドイツのソーセージ、クリスマスならではのお菓子…と、次々に心惹かれる屋台が続き、温かい飲み物を片手についつい足を止めて見入ってしまいます。

 

ニュルンベルクでは、サンタクロースではなく「クリストキント」が主役!

「クリストキント」とは、毎年クリスマスマーケットの開会宣言をする天使の姿の女の子。2年毎に地元に住む16~19歳の女の子から選ばれ、クリスマスマーケットを盛り上げます。

 

クリスマスマーケットの風物詩!グリューワインと限定カップ

15821845887_347cb84dc9_k

photo by alexliivet

クリスマスマーケットでは、すれ違う人々が、湯気があがるカップに口元を近づけながら、お店を覗いています。

手にしているのは「グリューワイン」。赤ワインに、砂糖とスパイスが入ったホットワインです。寒い冬空の下では、絶好の飲み物ですね。

 

そして、このワインを入れているカップに注目!毎年柄が変わり、さらにはひとつのクリスマスマーケットで何種類もあったりと、限定感たっぷり!

カップ代としてデポジットを支払って、ワインを購入し、カップを返却するとカップ代が戻ってきますし、そのままお土産にしたい場合はお持ち帰りも出来ます。

「ワインは飲めない…けれどカップはほしい!」という人も大丈夫!ノンアルコールワインや、ココアもあります。

 

ドイツの定番!ソーセージを食べながらマーケット巡り

2099230_39846ae388_o

photo by  Spigoo

ドイツと言えばソーセージ!もちろん、クリスマスマーケットの屋台でも食べることが出来ます。

パンの2倍以上の長さのあるソーセージを挟んであるものもあり、本場のソーセージは格別です。

 

 ドイツ発祥のXmas限定お菓子「シュトレン」発見!

DSC05615

photo by Akiko

ドレスデン発祥と言われるクリスマスならではのお菓子が「シュトレン」。ドライフルーツやナッツが練り込まれ、表面にはお砂糖がたっぷり!

クリスマスを迎えるまでの日々、スライスして少しずつ食べていく習慣があります。

クリスマスマーケットでは、定番の味に加え、ナッツ多めやフルーツ多めなど、様々な種類のシュトレンが並びます。

 

オーナメントやくるみ割人形がかわいすぎて選べない!

DSC05606

photo by Akiko

DSC05581

 photo by Akiko

クリスマスマーケットでは、オーナメントの種類もとっても豊富!

カラフルでかわいらしいもの、木製でシックなもの、透明感のあるガラス製のものなど、家にツリーが何本あっても足りない!と思うほどのオーナメントの数々です。

 

そして、クリスマスマーケット周辺のお店のショーウインドウもクリスマス仕様。

数多くのくるみ割人形が並んでいます。お店によっては、オープン前から列が出来、その後も入場制限するお店もあります。ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

 

子供たちのためのクリスマスマーケットへお邪魔♪

 

 

DSC05621

photo by Akiko

DSC05622

photo by Akiko

メイン会場のお隣では、子供のためのクリスマスマーケットもあります。

子供のためのクリスマスマーケットでは、メリーゴーランドに観覧車!そして、屋台では子供たちがクッキー作りなどを体験できるコーナーも用意されています。

子供の頃に思い描いたおとぎの国に迷い込んだかのような現実離れしたメルヘンな空間です。大人たちも、その空間にきっと心奪われます。ぜひ子供たちのクリスマスマーケットにもお邪魔してみましょう。

 

防寒対策もお忘れなく!

15891995169_1f50cf89c3_b

photo by Mike Kniec

ヨーロッパならではの風情ある石畳ですが、底冷えするので、足元はしっかりした底のブーツなどを履き、寒さ対策もお忘れなく!

さらに、少しの雨・雪でも傘をささない人が多いヨーロッパ。混雑しているクリスマスマーケットでは、傘をさすよりもフード付きのダウンなどが便利です。

 

まとめ

5234012222_afe14c4384_b

photo by  LenDog64

本場ドイツのクリスマスマーケットは、いかがでしたでしょうか?

ドイツならではの種類豊富なオーナメントや、くるみ割り人形。そして、グリューワインに、シュトレン、ソーセージ。

さらには、すりおろしたジャガイモを油で揚げて、リンゴムースをつけて食べるライベクーヘン、スパイスたっぷりのお菓子レープクーヘンなど、クリスマス限定グルメもたくさん。

街中が幻想的な光で彩られるこの季節、世界中から人々がこの空間を求めてやってきます。

ぜひドイツが一番ロマンチックできらめく季節!各地で趣きが異なるクリスマスマーケットへ足を運んでみては、いかがでしょうか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。