ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

加藤ミリヤ×清水翔太インタビュー「パワーを感じて」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコニコ生放送に出演した加藤ミリヤさんと清水翔太さん

 ティーンを中心に絶大な人気を誇るシンガー・ソングライターの加藤ミリヤさんと清水翔太さんが2011年7月6日、原宿のニコニコ本社で行われたニコニコ生放送「ミュージックボンバー」に出演した。2人は無数の視聴者コメントに圧倒されながらも、会場の質問に応えたり、番組視聴者と電話で話せる「ニコニコ電話」で、ファンとの会話を楽しんだ。また2人の参加がすでに決定している、今年8月開催のライブイベント「R-Festa 2011」の見どころについても語った。

 ニコニコ編集部は番組終了後、2人にインタビュー。番組の感想やコラボに至る背景、そして7月13日にCDリリースされた新曲「BELIEVE」について尋ねると、「いま日本全体が大きなパワーを必要としていて、私たちの姿を見てもらってパワーを感じてもらえるような曲になったらいいね、という思いで作りました」と曲へ込めた想いを明かしてくれた。

■加藤ミリヤ「コメントが気になって結構見ちゃいました」

――ミリヤさんは今回が初めてのニコ生番組出演です。感想をお願いします。

加藤ミリヤ: コメントが気になって結構見ちゃいました。モニターに映るコメントと、現場とではタイムラグがあるじゃないですか。司会の方がしゃべっているのに、ついコメントが気になってしまって。でも今回が初めての経験だったので、実際のタイム感で見られるというのが良かったです。あとコメントの色が可愛かった。

――清水さんは二度目のニコ生出演ですが、コメントを凝視されていましたね。

清水翔太: ひたすら見ていました。ライブツアーをやったときのバンドメンバーの名前が出てきたりして、いろんな人が見ているんだなと驚きました。

――ニコニコ動画について知っていたり、ご覧になっているコンテンツはありますか?

加藤ミリヤ: 去年の「R-FESTA 2010」に出演した時に、ライブでコメントが流れることは知っていました。とても(距離感が)近い存在だなと感じています。

清水翔太: 動画サイトが好きなので、ランキング上位のコンテンツを見たりとか。動物系のカテゴリが大好きですね。

■翔太の生歌聴いて「度肝抜かれました」

――2人の初めてのコラボはいつですか。

加藤ミリヤ: 「Love Forever」は私が20歳のとき、2年前ですね。ただその前、翔太のデビュー前に初めて2人でカバー曲(「I’M YOUR ANGEL」)を歌った時(2007年)に一番感じたことは、声の混ざり具合でした。これが無ければ、今のようにはなっていなかったですね。

清水翔太: ミリヤさんは本当に大阪の頃から聴いていたので、初めてお会いしたときはワァって思いましたね。

――ミリヤさんは清水さんに出会う前、どのような印象を抱いていましたか?

加藤ミリヤ: うわさはよく聞いていました。私は自分の音楽に自信を持っていたので、自分で曲を作って、歌詞も書いて、歌が歌えて、それだけ出来る人って同世代では自分しかいないって思っていたんです。でも、翔太の生歌を初めて聴いたときは、本当に度肝を抜かれましたね。でも悔しいとかはなくて。素直に「すごいヤツが現れてしまった」という、興奮みたいなものは感じました。

■清水翔太「握手一つ一つにいろんな思いが込められていると思うんです」

ニコニコ生放送に出演した加藤ミリヤさんと清水翔太さん

――2人とも10代の若い頃から歌手として活躍されています。大変なこともあったと思いますが、今まで頑張ってこられた原動力は何でしょうか。

加藤ミリヤ: 自分という存在に対する好奇心かな、と思うんです。自分って誰なんだろう、何を持っているんだろうと、小さい頃からずっと考えてきました。それは大人になっても答えなんてなくて。だから、「加藤ミリヤ」という存在を自分が見ていたいし、自分という存在がすごく興味深くて、本能的に自分自身を探しているところもあります。たとえ傷つくようなことがあったり、絶望するような時があっても、そこから先のことを見ていたいと思う自分――それが原動力になっていると思います。

清水翔太: 小さい頃からずっと夢見ていた職業だったので、何がなんでもなってやるという思いでやってきました。プロとしてのスタートラインにやっと立つと、今度は悔しい思いもするんですよね。自分よりすごいパフォーマンスをする人がいたりして。本当に「ちくしょう」と思って、より頑張れる瞬間があったりします。あとは応援してくれる存在。今まで多くの人と握手をさせていただいています。その握手一つ一つに、自分に対する応援とか、いろいろな思いが込められていると思うんです。その人たちの期待に応えたい。そしてCDを買ってくれた人や、自分を求めてくれる人のために、使命感を持って頑張りたいと思いますね。

■「信じるってキレイごと」と思う人にこそ、この曲を聴いてほしい

――お2人がコラボした新曲「BELIEVE」が7月13日にCDリリースされました。この作品に込められた思いをお聞かせください。

加藤ミリヤ: いま日本全体が大きなパワーを必要としていて、そういう時に力強く歌う私たちの姿を見てもらって、パワーを感じてもらえるような曲になったらいいね、という思いで作りました。「BELIEVE」というタイトルで分かるように、「信じる力」について、私たちが自分なりに考えたことを歌っています。

清水翔太: 「信じる力」というのをもう一度取り戻してほしい。「信じるってキレイごとじゃん」って思う人ほど、きっと信じることに臆病になっているんじゃないかと思う。そういう人にこそ聴いてほしい。自分を信じることってすごく難しい。それでもやっぱり信じることが、未来の自分につながると思います。

――ニコニコ動画には「歌ってみた」「踊ってみた」など、さまざまなカテゴリで活動し、いろいろな人に見てもらいながら、そこから世の中に羽ばたこうとする人たちがいます。また、若い10代のユーザーも多くいます。最後にそういった方々へメッセージをお願いします。

加藤ミリヤ: 自分を振り返った時に、「あの時、周りの誰よりも努力していたな」と思えるように過ごしてください。私は「努力って超ダサい」って思っていた時期もあったんですけど、でも努力って本当にウソつかなくて。地道な練習を続けるとか、あとは自分を限定しないで、いろいろなものにトライしていくことが大事だと思います。私もそうしたいと思っています。

清水翔太: 自分の世界にこもらないで、誰かに発信するってすごくいいこと。でも、すごく簡単に賞賛の言葉をもらえてしまうという、トラップがあると思うんです。人に褒めてもらえるとうれしいんですが、そこで満足しないでほしいというか、自分の中のビジョンを高く持つこと。今、簡単に自分のパフォーマンスを見てもらえる環境だからこそ、常に高いところを目指すこと。そうしたら好きになってくれたり、認めてくれる人がたくさん出てくると思います。

――ありがとうございました。

(了)

BELIEVE(初回生産限定盤)(DVD付)

(文/写真:松本圭司、聞き手/構成:岩本義和)

◇関連サイト
・dwango.jp presents R-Festa(Rフェスタ)2011 – 公式サイト
http://dwango.jp/sp/rfesta/
・加藤ミリヤ オフィシャルサイト
http://miliyah.com/
・清水翔太 OFFICIAL WEBSITE
http://www.shimizushota.com/

【関連記事】
ネットとリアルの融合を実現したニコファーレの次世代ライブ
GACKT、ボーカロイドを語る「新しいクリエイターたちが表舞台に出てきた」
中川翔子さんインタビュー「いつかニコ動に投稿してみたい」
人気読者モデルは元「ニコ生主」!? きゃりーぱみゅぱみゅインタビュー
今井絵理子、SPEEDデビュー前なら「踊ってみた」に投稿したかも!?

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。