体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レトロ感溢れる「廃墟カフェ」の人気が急上昇中

記事の画像1 「廃墟」って聞いて何をイメージしますか?「不気味」「近寄りがたい」「今にも崩れちゃいそう」そんなイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。そんな「廃墟」に命を吹き込んで蘇った「廃墟カフェ」が今、注目されてきています。

「廃墟カフェ」とは!?

出典:http://meitenbanzai.com/hiroshima/stp/505/

【廃墟カフェ】

廃墟を改装したカフェ。もしくは廃墟のようなノスタルジックな外観のカフェ。

「廃墟」に命を吹き込んで蘇った「廃墟カフェ」

そのまま廃墟をカフェにしている

出典:廃墟でカフェ? | 美容院 remile(ラ・ミール) | 一宮市の美容室・ヘアサロン

ちょっと怖いけど、なんかワクワクするw

出典:廃墟?お化け屋敷?いいえ、喫茶店です。徳島県にあるレンガ作りのカフェ「大菩薩峠」が話題に | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

この記事では全国各地からよりすぐった「廃墟カフェ」をご紹介いたします。

カフェアンデパンダン【京都府】

出典:http://www.kyotodeasobo.com/music/place/jazzbar/cafe-independants.php

レトロな店内!!

■ 基本情報・名称:カフェアンデパンダン・住所:京都市中京区三条通御幸町南東角 1928ビルB1F ・アクセス:地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩5分・営業時間:11:30~24:00・定休日: 不定休・電話番号:075-255-4312 ・公式サイトURL: http://www.cafe-independants.com/

旧毎日新聞社京都支局ビルの地下にあるカフェ。ビル自体、見た目にも廃墟っぽさをまったく感じないよくある建物なのですが、地下へと続く階段から何やら独特な雰囲気を醸し出しているのです。カフェの中はもっと異空間。まさに廃墟!ただその雰囲気が良い意味で洗練されたオシャレな空間になっています。

まさに隠れ家です。どっしりとした石造りのビルはなるほど、どこか退廃的な美を感じます。オシャレですね。

出典:『廃墟のようだけど洗練されたカフェ』by 魔法のスプーン : アンデパンダン (Independants) – 河原町/カフェ [食べログ]

廃墟のようだけど洗練されたカフェ

出典:『廃墟のようだけど洗練されたカフェ』by 魔法のスプーン : アンデパンダン (Independants) – 河原町/カフェ [食べログ]

お昼はワンプレートランチやサンドイッチメイン。夜は24時まで営業していて、バーとしても使えるお店。ライブやイベントも頻繁に行われています。

出典:http://yaplog.jp/doremifasol/archive/62

お昼のワンプレートランチ。アジアンテイストな感じですね♪

大菩薩峠【徳島県】

1 2 3 4次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy