ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1週間経っても治らぬ風邪なら別の病気を疑い検査受けるべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 風邪は万病の元──その理由は2つあるという。1つは「風邪がさまざまな合併症を引き起こす」ということ。そしてもう1つが「風邪だと思っていたら違う病気だった」ということが多いためだ。「ただの風邪」と侮っていると、その裏には死の危険が潜んでいる。

「一見、風邪のように見えるが実は違う病気だった」というケースがある。これは“ただの風邪だ”と甘く見ていた結果、最悪の事態を招くことになりかねないのだ。

 風邪は医学的には「風邪症候群」と呼ばれ、喉や鼻など上気道に炎症を起こす病気と定義されている。通常その炎症は感染から1週間ほどで治るもので、熱、鼻水、くしゃみ、咳といった症状は多くの病気の初期症状と似ている。代表的なのが肺炎である。

 少々ややこしいが、肺炎には「まず風邪になり、それをこじらせて罹る場合」と、「風邪ではなく肺炎の原因菌に感染して最初から肺炎に罹った場合」がある。だが肺炎の初期症状は風邪とよく似ており、判断がつきにくい。「風邪だと思って甘く見ていたら実は肺炎だった」というケースは多い。

 医療法人社団「こころとからだの元氣プラザ」名誉所長で、内科医の高築勝義氏が語る。

「発熱や咳が1週間で治まらなければ、風邪以外の病気を疑ったほうがいいでしょう。例えば肺炎なら胸が痛い、息苦しい、意識が朦朧とするといった症状が続くはずです。

 ただ高齢者の場合、こうした症状が表に出にくいので、もし周りから見て食欲が落ちていたり、明らかに元気がなかったり、無口になったりなど普段と違った様子が続いたら、肺炎を疑って医師への診察を促してください」

 5歳未満の子供や高齢者、慢性呼吸器疾患や糖尿病など持病のある人、喫煙者やアルコール依存症の人などは肺炎に罹りやすいといわれるため注意が必要だ。

 他にも急性肝炎、急性白血病、急性腎盂(じんう)炎、急性髄膜炎など発見が遅れると命取りになる病気の初期症状が、倦怠感や咳、発熱といった風邪の症状と酷似している。

 昨年1年間、急性白血病による死亡者は約4300人、急性肝炎でも88人が死亡している(厚労省・人口動態調査)。初期症状を見落とさなければ助かった人もいたのではないか。これらの中には見分けがつく症状をもつものもある。前出の高築氏が続ける。

「急性肝炎は黄疸が出たり、尿の色が濃くなるといった『これは風邪ではないな』と気づきやすい症状を伴います。急性白血病はどこもぶつけていないのにアザができたり、鼻から出血したりしたら要注意。急性腎盂炎は排尿痛や頻尿、急性髄膜炎では重い頭痛や意識障害などそれぞれの病気に特有の症状が出ます。少しでも『いつもの風邪と違うな』と感じた場合には早期受診が賢明です」

 その他、肺がんの初期症状も微熱や咳を伴うことはよく知られている。風邪に詳しい大分県済生会日田病院副院長の加地正英氏は、こう付け加える。

「これは私の経験則なのですが、『風邪をひいたみたいです』といってくる患者の多くは別の病気です。風邪の症状が出て1週間以内に急激に悪化したり、1週間経っても症状が長引く場合は別の病気を疑って早急に検査してもらうべきでしょう。もちろんこれはあくまで目安なので、少しでも不安があれば受診をお勧めします」

 風邪が引き起こす合併症や、風邪とよく似た重大疾患を見誤らないためにできる一番の対応策は、当たり前だが「風邪をひかないこと」に尽きる。

「体調がすぐれないときは自己免疫能力が落ちているために風邪を引きやすい。風邪の原因のほとんどはウイルスなのでうがいや手洗いはもちろん、乾燥を避ける工夫をしてください」(同前)

 たかが風邪、されど風邪。ご用心を。

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「単なる風邪」と放置すると心臓弁膜症発症し死に至ることも
風邪が治っても咳だけ続く人 アトピー咳の可能性あり
加齢で誰でもなる可能性のある目の病気 緑内障は失明危機も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP