ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少年隊デビュー30周年も近藤真彦とV6の陰で目立った活動なし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のジャニーズ事務所は、マッチこと近藤真彦のデビュー35周年、V6のデビュー20周年とアニバーサリー続きだったが、12月12日にデビュー30周年を迎えた超人気グループがいることに、はたしてどれだけの人が気づいているだろうか。

 35周年を迎えた近藤は7月にアルバム『三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲』、12月9日にシングル『大人の流儀』を発売。全国ツアーも開催するなど活発な芸能活動を展開し、大晦日のNHK紅白歌合戦にも19年ぶりに出場する。20周年となったV6は今年、2年ぶりのツアーを行ない、かつての人気番組『学校へ行こう!』が7年ぶりにスペシャル版として放送され、17.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を獲得。2年連続の紅白出場も決定し、20周年を華々しく飾った。

 実は、ジャニーズ事務所にはもう一組、アニバーサリーイヤーを迎えたグループがある。マッチの『スニーカーぶる~す』発売からちょうど5年経った1985年12月12日に『仮面舞踏会』でデビューした少年隊だ。今年は錦織一清、植草克秀、東山紀之の3人にとっても記念すべき30周年だったのだ。芸能記者が話す。

「1980年代前半、ジャニーズ事務所は田原俊彦、近藤真彦、シブガキ隊と次々とアイドルを送り込み、成功を収めてきた。そのなかで、1984年にチェッカーズが彗星のごとく現われた。すると、ジャニーズのアイドルたちの人気は落ち込み、レコード売上も下がりました。その流れで、1985年に少年隊がデビュー。彼らが売れるか否かは、ジャニーズ事務所にとって大きな分岐点でした」

 今では向かうところ敵なしのジャニーズ事務所も、当時はまだ現在ほどの隆盛を誇ってはいなかった。少年隊の人気が出なければ、1970年代後半の苦境期に逆戻りする可能性すらあったのだ。その危機を救ったのが少年隊だった。

 錦織、植草、東山の3人は華麗かつアクロバットな踊りでファンを魅了し、『デカメロン伝説』『バラードのように眠れ』『君だけに』『ABC』『じれったいね』などヒット曲を連発。1980年代後期のジャニーズ事務所を支え、現在の隆盛に至る道筋を作ったグループなのである。

 にもかかわらず、30周年を迎えた記念すべき年を先輩(近藤)と後輩(V6)の陰に隠れたまま、目立った活動もなく終わろうとしている。12月2日には、錦織が月一レギュラー出演中のTBSラジオ『たまむすび』で少年隊30周年を振り返ったが、植草と東山の登場はなし。大晦日から元旦にかけての『ジャニーズカウントダウン2015-2016』も東山一人のみの出演で、3人が揃って踊る姿は見られそうにない。古くからの少年隊ファンの一人が話す。

「25周年の時も特に動きはなかったですが、今年は30周年なのに何の活動もないなんて、やはり寂しいです。マッチだけでなく、後輩のV6もこれだけメディアに出ているのに……。デビュー年は変えようがないから、35周年や40周年のアニバーサリーもマッチとV6と同じ年になる。ヒット曲は山ほどあるので、また3人揃って歌い踊る姿をぜひ見たいと思っているのですが……」

 デビュー30周年という記念の年にもかかわらず、大きな動きのない少年隊。メンバー3人が再び集結し、ファンの前でパフォーマンスを見せる日は来るか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
100名のジャニーズが大集結 ジャニー喜多川社長の誕生会
極秘再婚の植草克秀 前妻への養育費減額要求は認められるか
チェッカーズのサイドボーカル 鶴久と高杢が共演しない理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP