ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

感動の高コスパ!行く価値ありの関西おでかけスポット3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒いからって家にとじこもっていたらもったいない!…でもやっぱり寒い…!それならあったかい室内スポットに出かけましょう!

今回は、この値段でこれだけ遊べる!?驚異の高コスパスポットを紹介します。観覧料800円以内で一日いれちゃう…かも!?

1.京都国際マンガミュージアム<京都府・京都市>

5万冊の漫画の壁に圧倒!校庭でのんびり読書も。

漫画が置いてあるだけではなく、漫画とは何か?その歴史や多様性についても展示でしっかり解説

毎日行われている紙芝居口演イベント。週末にはワークショップも

図書館と博物館を備えた漫画の総合博物館。所蔵数は30万点以上で5万冊は自由に閲覧可能。敷地内の芝生へ持ち出して読んでもOKなんて驚きです。こどもが楽しめるよう絵本がたくさんおかれたこども図書館もあります。

このイベントにも注目!

マンガ工房

毎週土日、祝日にはマンガ制作の現場を公開。プロが下描きから完成までを実演。 京都国際マンガミュージアム

TEL/075-254-7414

住所/京都府京都市中京区烏丸通御池上ル

営業時間/10時~18時(入館~17時30分)

定休日/水(祝の場合は翌日)、年末年始

料金/入館料大人800円、中・高校生300円、小学生100円

アクセス/電車:地下鉄烏丸御池駅より徒歩2分

車:名神高速京都南ICより北へ15分

駐車場/なし

「京都国際マンガミュージアム」の詳細はこちら

2.甲子園歴史館<兵庫県・西宮市>

歴史的名勝負の記録が満載。野球ファンの聖地へおでかけ!

タッチパネルに「球団」「名前」「ポジション」などを入力するとドラフト会議と同じ画面が

阪神タイガースの名選手を紹介

甲子園球場に関する資料を公開している歴史館。高校野球史に残る名勝負を映像で振り返られるコーナーや、阪神タイガースのヒーロー列伝ゾーンも。1階のショップでは虎グッズがズラリ。

このイベントにも注目!

スタジアムツアー

甲子園球場のブルペンやベンチなどに案内してもらえるツアー。予約してみんなで楽しもう。(webか電話で要予約・大人1500円、こども1000円)。 甲子園歴史館

TEL/0798-49-4509

住所/兵庫県西宮市甲子園町1-82

営業時間/10時~17時(入館~16時30分)

定休日/月(祝の場合は営業)、年末年始、ほかメンテナンス休業

料金/入館料大人600円、4歳~中学生300円

アクセス/電車:阪神甲子園駅より徒歩5分

車:阪神高速西宮出口より5分

駐車場/なし

「甲子園歴史館」の詳細はこちら

3.宝塚市立手塚治虫記念館<兵庫県・宝塚市>

関西にある手塚治虫記念館。アトムやレオ、 リボンの騎士、永遠のヒーロー達が集結!

アニメ制作の初歩を体験できるアニメ工房

「火の鳥」に登場する生命維持装置をモチーフにした展示カプセル

手塚治虫のマンガが自由に読めるライブラリーや、オリジナル映像作品を上映するアトムビジョンなどがあり、館内は手塚アニメのキャラクターで満載。アニメの原点がここに。ライブラリーは2000冊以上!夢中になっていたらすぐに夕方かも!?

このイベントにも注目!

アニメ・漫画体験教室

不定期でアニメや漫画の制作体験教室を実施(無料)。HPで告知があるのでチェックを。 宝塚市立手塚治虫記念館

TEL/0797-81-2970

住所/兵庫県宝塚市武庫川町7-65

営業時間/9時30分~17時(入館~16時30分)

定休日/水(祝の場合は開館)、12/29~31、2/22~3/2

料金/入館料大人700円、中・高校生300円、小学生100円

アクセス/電車:阪急・JR宝塚駅より徒歩8分

車:中国道宝塚ICより5分

駐車場/なし

「宝塚市立手塚治虫記念館」の詳細はこちら

まとめ

以上、コストパフォーマンスのとても高い行く価値ありの関西のおでかけスポットを3つ紹介しました。休日は暇!どっか行きたい!と思っている方は、ぜひこういった場所へおでかけしてみてはいかがでしょうか。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

去年より人気の県はどこ?年末年始に人気な観光県トップ10【2015〜2016】
彼女とうっとり!東北で外せないクリスマス・正月デートスポット17選
かまくらでほっこり。横手の雪まつりに大曲の花火も!福島&秋田&山形のおすすめイルミネーション

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP