ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハードディスクの専門医『Dr.データ復旧』が法人様向け体験プランを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

データリカバリーテクノロジー株式会社(ブランド名称:Dr.データ復旧・東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル4階・代表取締役:江智雄)は2016年1月末日までの期間限定で、法人様向けデータ復旧体験プランを1法人1台に限り無償で提供いたします。

画像出典:http://rensai.jp/wp-content/uploads/2015/08/01-1IMG_8317_R.jpg

「PCが起動しない」「思い出の写真が」「大切なデータが」データ復旧の一部始終を見た! | ガジェット通信

http://getnews.jp/archives/1089139

展示会等を取材していると、企業の担当者と名刺交換する機会がよくある。たいていは、その後にメールマガジンや営業のメールが来ることになる。それ自体は一向に構わないのだが、せっかく取材させていただいた企業…

記者の取材記事

画像出典:http://rensai.jp/wp-content/uploads/2015/10/IMG_1127_R.jpg

東京で対応できない場合は台北で! “HDDの病院”『Dr.データ復旧』台湾本社に行ってみた | ガジェット通信

http://getnews.jp/archives/1189262

以前、記者が取材した記事「PCが起動しない」「思い出の写真が」「大切なデータが」データ復旧の一部始終を見た!http://getnews.jp/archives/1089139 [リンク]で、反響が…

記者の取材記事

データリカバリーテクノロジー株式会社(ブランド名称:Dr.データ復旧・東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル4階・代表取締役:江智雄)は、法人様向けデータ復旧体験プランを無償で提供いたします。

Dr.データ復旧は、台湾において30年近く、トップレベルのデータ復旧専門サービスを提供しております。日本においては、東京都心でハードディスク製造工場と同レベルのClass100クリーンルームを設置し、データ復旧に不可欠な機材と技術を備えています。「ハードディスクの専門医」を理念とし、お客様のかけがえのない大切なデータに医師のように向き合う真剣な姿勢と卓越した技術で、これまで多くのデータを救ってまいりました。

Dr.データ復旧は日本に進出してこれまで見てきた、「お客様がおかれている不条理な状態」を何とかしたいと考えており、本物のデータ復旧会社の対応とデータ復旧のグローバルスタンダードとはどのようなものかを知っていただくために、デーや復旧の法人様向け体験プランをリリースいたします。

対象:お電話でご予約頂いた法人様の最初の1台期間:2016年1月末日まで※「RAID復旧」や「NAS復旧」にも対応いたします。

故障と思われるハードディスクは郵送でも構わないのですが、輸送中の更なるダメージリスクを考慮し、Dr.データ復旧では故障メディアのお持込を推奨しています。また、ご来社いただければ実際にデータ復旧作業が行われるクリーンルーム等をお客様の目で確認することができ、より安心して大切なデータを預けることができると考えています。

状況によってはハードディスクそのものにはダメージや故障がなく、単なる接続不良等によるケースが多いのも事実です。その場合は故障ではないことをお伝えし、無償でデータのバックアップをお取りします。 故障がある場合には約30分程度の初期診断で復旧にかかる日数、費用、復旧見込みをお知らせできますので、費用対効果の判断をその場でお客様自身でしていただくことが可能です(このプランが適用される場合は無料で対応)。もちろん、この段階でキャンセルされれば費用は一切かかりません。

症状が軽ければ当日中に復旧し、遅くとも1週間程度で対応できるケースがほとんどですので、お客様の大切な業務を迅速に再開することが可能です。 復旧後は、お客様ご自身でデータの確認をお願いしておりますが、仮に復旧したデータの中にご希望のファイルがなかった場合には料金は一切かかりません。 これがデータ復旧のグローバルスタンダードです。まずはお電話にてお問合せください。 条件により、当プランが適用されない場合は、お断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。

【参考】Dr.データ復旧がおかしいと考えた「お客様がおかれている不条理な状態」とは、日本における次のような事例やバックアップの重要性を理解していないユーザーがあまりにも多いという実情によるものです。バックアップを取っていない。バックアップの重要性は承知しているが、手間がかかるためやっていない。機器の電源を24時間入れっぱなしにしている。ハードディスクに寿命があることを知らずに使い続け、故障して初めて消耗品であることを認識した。重要なデータをRAID搭載NASやサーバーに記録して使用している企業で、サーバーが故障して業務が停止。しかしデータ復旧を依頼した経験がないため、どこに任せたらいいか判断できないうちに損失が広がる。インターネット検索、または紹介でデータ復旧会社を探しても次のような事例が圧倒的に多い。①技術力が無い:パソコン修理の技術者が趣味半分でデータ復旧会社を立ち上げ、クリーンルームや専門的な設備がないにもかかわらず、データ復旧専門会社として、復旧作業を行う。(ハードディスクを開封することは、製造過程の逆なのでクリーンルームは必修です。)②不条理な料金体系:ハードディスクの接続部分が不安定なだけで、重度な故障として法外な復旧費用を請求。予算オーバーで返却を求めると、今度はキャンセル料を請求。③復旧データの確認ができない:復旧データのリストを提示され、実際にデータを持ち帰って確認すると、必要なデータが破損して開けず、クレームを申し出ても返金されない。④復旧日数が長い:突然の故障でデータが必要なのに、復旧所要日数の提示がなく、また長すぎて損失が増えていく。

【Dr.データ復旧について】

台湾のLinwei Technology Ltd.(凌威科技有限公司)として1989年創業、年間3500件以上復旧成功実績を誇る「Dr.データ復旧」同社はアジア初のデータ復旧会社、多数の官公庁や大手企業様と長年取引しています。日本進出から半年で、WD社のデータ復旧パートナー(日本では4社目)として認定。同社はHDD製造現場同レベルのClass100クリーンルームを有楽町オフィスに完備し、お客様のデータを最大限に保障します。

【会社概要】

会社名 データリカバリーテクノロジー株式会社英文表記:Data Recovery Technology LTD.代表取締役:江智雄所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル4階資本金:3000万円事業内容:データ復旧サービスフリーダイヤル:0800-800-6722 (受付 08 : 30~23 : 00 年中無休対応 )FAX:03-6205-7733(24時間対応)URL:http://www.datarecoverytech.co.jp/

画像出典:http://www.datarecoverytech.co.jp/images/logo_m.png

データ復旧一筋27年【Dr.データ復旧】| 東京HDDデータ復旧会社

http://www.datarecoverytech.co.jp/

Dr.データ復旧は27年間データ復旧業界で技術を磨いてきました。長い歴史と数々の実績は確かな技術と高い品質によって支えられています。東京の有楽町駅から徒歩1分!自社内のクリーンルームで無料診断を行いますので、安心且つスピーディーな診断が可能です。

画像出典:http://prtimes.jp/i/16698/2/resize/d16698-2-650776-1.jpg

ハードディスクの専門医『Dr.データ復旧』が法人様向け体験プランを発表|Data Recovery Technology株式会社のプレスリリース

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000016698.html

Data Recovery Technology株式会社のプレスリリース(2015年12月12日 10時12分)ハードディスクの専門医『Dr.データ復旧』が法人様向け体験プランを発表

プレスリリース

編集・リンク記事取材記者 古川智規(フリーランスライター)素材提供 Dr.データ復旧

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP