ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最強アクション映画『ベテラン』リュ・スンワン監督に直撃取材 「主人公はファン・ジョンミンそのもの。明るくて正義感の強い彼を撮りたかった」【前編】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
最強アクション映画『ベテラン』リュ・スンワン監督に直撃取材 「主人公はファン・ジョンミンそのもの。明るくて正義感の強い彼を撮りたかった」【前編】

本国韓国で死ぬほど大ヒットした”タブー”系活劇『ベテラン』は、韓国最大のアンタッチャブル事案=財閥の横暴をモチーフに、悪は絶対許さない武闘派ベテラン刑事たちと、政府さえ”実弾”で動かす大財閥の死闘を痛快に描いた暴力映画だ! メガホンを握った天才は、『生き残るための3つの取引』(10)や『ベルリンファイル』(13)などのリュ・スンワン監督! 007やSWもいいけれど、『ベテラン』を忘れちゃあダメダメ!

鴇田:以前『ベルリンファイル』(13)で来日した際、「この映画に出してやる」って言っていましたよね? 気づけば、もう完成しとるじゃないですか!

監督:……。その時の自分と、今の自分は違うってことかな。

恩納:セリフも練習してたんですけどね! チョ・テオ! チョ・テオ!

監督:こんなことなら、この取材断ればよかったなあ。クスリでもやってるんじゃないのか? いや、またお会いできて本当にうれしいです(笑)。『ベテラン』に出演できなかった理由ですが、チョ・テオ(ユ・アイン)の役を演じるには、ちょっと貧乏くさいんですよね。

恩納:確かに、こんなナリなんでね。スーツじゃねえし!

鴇田:6,000ウォンくらいですかね。ファ○ストリ○イリ○グ社製品ですので。

監督:だから衣装代がかかってしまうわけです。まあ、クスリをやっていそうな点については、評価しますよ。犬を殺す男とか、隣で伏せている男とか、そういう役柄が似合いそうです。

恩納:じゃあ続編でいいですよ!

監督:それはそうですが、まだ制作スタッフと俳優が合意したという段階で、脚本はまだ白紙です。ただ、次は刑事のチームに新たな敵が必要で、それを探すところから始めないといけない。国外? 日本? モチーフとしては、ないわけじゃないですね。”踊る”のチームと共同捜査するアイデア、これも悪くないと思います。

鴇田:T宝ですね。この後、T宝に行くしかないすね!

監督:(笑)! 即興のわりにはいいアイデアじゃないでしょうか(笑)?

鴇田:さて、映画『ベテラン』の話題を始めましょうか。まずは主人公、ベテラン刑事 のソ・ドチョルを演じるファン・ジョンミンが、『生き残るための3つの取引』(10)とは打って変わっての正義漢でした。

監督:『生き残るための3つの取引』(10)を撮っていて思ったことは、ファン・ジョンミンは、どの役柄でも消化できる男、ということだった。そして彼は、今回の主人公に近い男です。だから『生き残るための3つの取引』(10)を撮りながら、今回の作品に出ている彼の姿を垣間見ていました。次こそは明るく軽快で、正義感の強い彼の姿を撮りたいと。だからソ・ドチョルは彼を宛て書きしていて、本人も自分のことだとわかったそうですよ。

恩納:また、アクションがいちいちすごいですよね。

監督:まず今回の作品で言うと、ブロックバスター・ムービーではなかったので、タイトな製作費の中でやりくりしなくてはならなかったのです。車のシーンで言うと序盤にベンツが登場しますが、倉庫で闘うシーンでは、あの車は借り物だったので、傷など御法度でした。だから、車を傷つけないようにアクションをすることが大変でした。人間はケガをしてもいいから、車だけは守ろうと努力していましたね。

鴇田:なかなかのムチャクチャな発想ですね!

監督:バイクのシーンは危なかったですよ。バイクと車が正面衝突するシーンは坂道を下ってきて撮影したので、実はすごく危険でした。スタントマンが、あやうく命を落とすところでした。ジャンプのタイミングが壮大にズレてしまって衝突したため、彼は口の下を切ってしまいました。ちょっとズレていて首にでも当たっていたら、本当に命を落としていたことと思います(つづく・・・)

映画『ベテラン』は、2015年12月12日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開!

https://youtu.be/-tArrK9XgLg

(C)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

■参照リンク
『ベテラン』公式サイト
veteran-movie.jp

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』J.J.エイブラムス監督、主要キャスト来日で大興奮!「熱い想いで戻ってきた」
最強アクション映画『ベテラン』リュ・スンワン監督に直撃取材 「主人公はファン・ジョンミンそのもの。明るくて正義感の強い彼を撮りたかった」【前編】
山里亮太、『ZIP!』北乃きい&女性メンバーを鋭すぎる分析! 「奥底の闇」「権力に屈してる感」
マギーが壮絶な過去を告白、「涙が止まらない」とネット上で話題に
黒沢清監督×西島秀俊×香川照之、衝撃の本格恐怖サスペンススリラー『クリーピー』特報

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。