ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大張り切りで奮発した某人気ホテルでの1歳の誕生日!夜中の発熱で暗転…バタバタ旅行記

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生まれた時は小さく、元気に育つのか心配だらけだった息子もついに1歳を迎えました。

盛大に誕生日をお祝いしたいと、奮発して某テーマパークの大人気ホテルのバースデープランを予約しました。

一泊食事なし、3人で5万円ちょっとと、なかなかの出費でしたが、1日目はホテルのプールでプールデビュー、2日目はテーマパークで楽しむという、思い出作りには最高のプランだと思いました。

天気は快晴と、天候にも恵まれ、外出にはピッタリの陽気でした。

山梨の自宅から車で3時間、息子がこんなに遠出するのは初めてです。

ホテルに着いて荷物を預け、まずは周辺で昼食選びです。

息子が好きそうなパンを買って、外のベンチで食べました。

庭園のような広場で遊びながら、チェックインの時間を待ちます。

午後2時、チェックインをすませます。

すると、フロントで誕生日カードをいただきました!

「嬉しいね?」と言っても本人はまだわからない様子でしたが、ホテルの部屋に入ると、今度はベッドの上にバースデーボックスがおいてあります!

「すごいね?」「かわいいね?」と息子に話しかけてもポカンとした表情でしたが、従業員さんに家族3人の写真を撮ってもらいました。

今、その時の写真を見てみると、楽しそうなのは親だけなのがなんとも言えません。

「さて、待望のプールだ!」と、この日のためにプール用の紙おむつを買っていました。

楽しみなプール、写真もいっぱい撮るつもりでした。

ところがプールに着くと・・・。

「カモが糞をしてしまって水の入れ替え中なんです、すみません。2時間後には入れます。」

「えぇっ!2時間後って夕方になっちゃうよ!?」と驚きましたが、外のプールだから仕方ありません。

明日、午前中プールに入ってもいいし、ダメならテーマパークで写真をいっぱい撮ろう…とプールは諦めることにしました。

その夜のことです。

疲れていたこともあり家族揃って9時にはぐっすり眠りました。

夜中12時ごろ、ふと暑さで目が覚めます。

クーラーも効いているのに・・・?不思議に思うと発熱している我が子が。

体全体が湯たんぽのように熱いのです。

触るだけで熱が38℃は超えているとわかります。

慌ててパパを起こし、フロントに電話して、体温計と水まくらを貸してもらいました。

その2つだけでもありがたいのに、さらに「提携している医療機関への紹介もできますので、必要であればおっしゃってください」と・・・。

その台詞には驚きました。

次の日も熱は38℃以上。

夜を徹しての看護疲れもあり、コンビニで買った朝ごはんを食べると夫婦でウトウト…。

気づくと、なんとチェックアウトの時間を寝過ごしてしまっていました。

恐る恐るフロントに電話すると、「お子様は大丈夫ですか?体調が悪ければもう少しゆっくりされても構いませんよ」との優しいお言葉に、思わずホロリ。

もちろん甘えてばかりもいられません。

急いで帰る準備をし、家に帰りました。

夜中の急な発熱でドタバタでしたが、バースデーボックスをもらえたり、一度は行ってみたかった人気のホテルに泊まることができて満足でした。

息子の誕生日は改めて部屋を飾り付け、赤ちゃん用ケーキでお祝いしました。

プールもテーマパークに行けなかったことも残念ですが、今思い返しても、ホテルの方の温かい気遣いには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今では、バースデーボックスに入っていたぬいぐるみがお気に入りの、2歳になった息子なので、今度は家族みんなで楽しめると思います。

またお金を貯めて今度は是非特別ルームに泊まりたいです。

著者:うさひつじ

年齢:30歳

子どもの年齢:2歳、2か月

旅行とネットサーフィンが大好きな2児の母です。最近次男が生まれたため、次男の1歳の誕生日にはどこに行こうか今から楽しみに計画しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃん連れの外食&旅行は離乳食前が”絶対に”おすすめ!なその理由
青い海が見たい!そうだ、赤ちゃん連れで沖縄に行こう!・・・準備は何が必要?
赤ちゃん快適、親も身軽に!子連れ旅行をより楽しくするコツ、まとめてみました

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP