ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の美容レシピ♪生姜スープの朝ごはんで一日の脂肪燃焼アップ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1日3食きっちり食べて代謝アップ!ダイエットへの近道とは

忙しい朝は、ついつい朝食を食べずに出勤…なんてことありませんか? どうしても、パンだけだったりシリアルだけだったり、することってありますよね。
しかし、朝をきっちり摂らないと体温が上がらず、代謝が上がりにくくなってしまいます。
朝食だけではありません。夜遅くに食べたり、夕食をお腹いっぱい食べたりすると、脂肪に変わりやすいのでこれもダイエットにはNGです。
1日3回の食事を規則正しく食べること。これは誰しも当たり前に知っていても、実はなかなかできていないことです。
もちろん365日、毎日同じ時間に食事を摂ることは難しいと思います。できる限り、例えば週の半分は心がけるだけでも違います。

 

一日の脂肪燃焼は朝ごはんから!生姜スープのレシピ

3食きっちり摂ることは難しい方は、1日の始まりの朝食に少しひと手間を加えてみましょう。
<材料>
・生姜
・野菜(玉ねぎ、キャベツ、ピーマン、セロリなど)
・きのこ
・鶏肉
・ホールトマト
・チキンコンソメ
<作り方>
鶏肉を炒め、野菜、生姜類を炒めたらホールトマトを入れてひと煮立ちさせます。最後にチキンコンソメと塩コショウで味を整えます。
ポイントは、生姜はスライスに、他の野菜は大きめにカットすること。にんじんなどの固い野菜も、大きくカットした方が柔らかくなるのが早いので、調理時間も短くなるんです。また、大きめにすることでよく噛み、満腹感を感じやすくなります。
生姜とトマトが実は美味しい組み合わせ。生姜で体の中からぽかぽかするから、寒い朝には嬉しい一品です。

 

朝ごはんには何を食べればいいの?生姜スープがオススメな理由

では、朝食に何を食べればいいのでしょうか?
栄養素で言うと糖質、たんぱく質、ビタミンやミネラルを摂るのが望ましいです。
・糖質(ご飯やパンなど):エネルギー源
・たんぱく質(肉類、魚介類、卵、乳製品、豆類):体を構成
・ビタミン・ミネラル(野菜、きのこ、海藻類、果物):代謝を促進
基本的にはバランスよく食べたら問題はありませんが、いつもより脂肪の燃焼効果が高く、作り置きもできるスープの朝食がおすすめです。
冬にこそオススメの生姜スープで、美味しくキレイな毎日を。

Beautyfood.labo(管理栄養士:朝倉隆監修)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP