ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紫外線の浴びすぎをスマホに知らせてくれる世界最小ガジェット「QTemp」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皮膚がんの患者数は世界的に増加傾向にあるのだという。このがんの発症に深く関わっているのが紫外線。

このほど登場したのは、皮膚がん予防に役立ててもらおうと、紫外線の浴びすぎをチェックするためのガジェット「QTemp」だ。

紫外線量を計測してアプリにリアルタイム表示するほか、どれくらいの時間であれば浴びても安全なのかも教えてくれる。

・マッチ箱より小さい!

紫外線計測のガジェットは他にもあるが、開発したカナダ拠点のスタートアップComfable Incによると、この手のガジェットとしては世界最小なのだという。

マッチ箱より小さく、わずか25グラムのQTempは紫外線や気温などを測定するセンサーを内蔵する。

Bluetooth対応のもの(QTemp-i)と、NFC(近距離無線通信)対応の2種類があり、NFC対応ではスマホをかざすだけで情報が表示される仕組みだ。

・肌のタイプを考慮し注意喚起

紫外線量をただ計測するだけでなく、紫外線の度合いに基づいて、浴びても大丈夫な時間を算出してくれるというのがQTempの売り。

使用するにあたって、ユーザーは自分の肌のタイプ(色)を選ぶようになっていて、この肌タイプも考慮して安全時間をはじき出す。

例えば、肌が白い人は紫外線による皮膚がんリスクが高いため、紫外線が強いときには「屋外にいて安全」とする時間は当然短くなるわけだ。

・うっかり浴びすぎ予防に

気をつけないと、と思っていても、うっかり日差しを浴びすぎてしまうのはよくあること。仕事やレジャーで屋外活動することが多い人は、衣服やバッグに付けておくとよさそうだ。

QTempはクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したばかりで、現在33カナダドル(約3000円)の出資で入手できる。出資期限は2月1日までとなっている。

QTemp/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP