ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナイナイ岡村さん、小栗旬宅の飲み会で妻夫木聡に演技論を語り怒られるwww 「あんなに優しい顔をしたブッキーの顔が・・・」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月10日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で岡村隆史が、俳優・小栗旬に誘われて参加した飲み会について語り、話題を呼んでいる。

先日小栗から連絡があり飲みに誘われて小栗家に行った岡村。そこには俳優・妻夫木聡も同席しており、既に2人はホロ酔い状態だったそうだ。「山田優ちゃんがお酒作ってくれるわけですからね。最高じゃないですか!作った肴とか出てくるんやからね。『え!俺一応芸能人やったんや』って思うくらい、なんかさ。うわ凄いなぁって思って」と豪華なメンバーに囲まれたと語る。

すると、今度はTOKIOの山口達也が参加、続けてV6の松本潤、金子ノブアキと錚々たるメンツが後から現れ、酔いもまわり楽しい会になったのだとか。

しかし、ここでちょっとした事件が。たまたま妻夫木の隣に座った岡村は2人で仕事の話していたそうだが、「俺も、ブルーリボン(新人賞)とってる、みたいなのがちょっとあったんやろうな。酒飲んだから。ほんで絶対に言うたらアカン・・・『どうなの?下町ロケットとか、オレ観てんねんけど、お笑いの人いっぱいドラマに出てて』って、ちょっと踏み込んだらいけない演技論的なところ入っていってもうたんや」と語る。

岡村はその時の事を、「ブルーリボン賞とってる、(日本)アカデミー賞話題賞とかも頂いているってのがどっかにあって・・・」と語り、「ほんで、ブッキーと対等に喋りたい、みたいな。そういうコメディアンのくせに、俳優スイッチみたいなんを入れてもうたんでしょうね。最初の内はブッキーも『うん、うん・・・そうですね、そうですね』って聞いてくれててんけど、途中から顔色おかしなってきて、最終的には、俺も何を言うたかちょっと分からへんねんけど、結構、大きな声で『それは違うじゃないですか!』ってブッキーに言われて(笑)」と普段より大きな声で言いかえされたのだとか。

岡村はその声を聞いて、入っていけない分野にコメディアンが土足で入ってると思い、「まぁまぁまぁ、冗談、冗談」と取り繕ったようで、「俺が多分、それなりに役者きどったんやろうね。ザって引いて、『まぁまぁまぁ、ウソ、ウソ・・・』みたいな。まあとりあえずはそこだけで穏便に済んだんですけど・・・」とその時のことを振り返り、「ほんまにアカンスイッチが入ってしまった」と反省する岡村。「・・・でも、ホンマ、聞いたことのない声を聞いたな、妻夫木君の。『それは違うじゃないですか!』って(笑)」「なんかホンマ言うたらアカンこと言うてもうたんやろうな。あんなに優しい顔をしたブッキーが、凄い怖かったのよ」と語る。

また、その後この件に関してリスナーからもお叱りを受けた岡村は、「大変申し訳ございません」「こんなこと、二度とないように致しますので。また機会があったら、ブッキーとご飯食べたいと思います」と丁寧に陳謝。だが、その後「・・・(アカデミー)話題賞、2回とってるんですけどね・・・(笑)」「話題賞を2回も獲るということは、そこは加味していただきたい。リスナーの皆さんにも」とぼそぼそと語り、最後まで抵抗をのぞかせた。
ネット上では「岡村さんww」「やってもうたねw」「ブッキー我慢してイイやつww」などの声が挙がっている。

小栗ん 妻夫っき〜と ご飯

okamuradesuさん(@okamuradesu)が投稿した写真 – 2015 12月 4 9:23午前 PST

■参照リンク
岡村隆史 インスタグラム
https://www.instagram.com/okamuradesu/
『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』公式サイト(毎週木曜深夜1時~)
http://www.allnightnippon.com/program/okamura/top.html

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集

関連記事リンク(外部サイト)

ナイナイ岡村さんがタモリとサシ飲みした時のエピソードがカッコ良すぎると話題に
ナイナイ岡村隆史が「野球」と距離を置いた2つのトラウマエピソードを告白して話題に 「未だ傷癒えぬ事件ww」
ナイナイ岡村隆史、ローラから聞いたハリウッド映画事情に驚愕 「ケタが違いすぎる」
ナイナイ岡村隆史、「福山雅治よりも先に吹石一恵の魅力に気づいていた」と発言www 男性の賛同者も多数
ナイナイ岡村さん、福山雅治と同じマンションだった!「福山にキレられた」エピソードが面白すぎるwww

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP