体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

50代から考える終の住処[後編] 分譲シニアマンションってどう?

50代から考える終の住処 分譲シニアマンションってどう?[後編]

昨今、サービス付賃貸住宅やら老人ホームやら…シニア向けの住宅や施設の種類が多くてよく分からない。終の住処は自分が弱ってから探し始めると、ろくなことが無さそうだ。
50歳代の筆者も[前編]で紹介したセミナーで勉強![後編]では見学会をレポートする。
体験見学! 分譲マンション「逗子ヘルス・ケア・マンション」

セミナーの後、実際の物件見学へ。まず[前編]で紹介した、(3)の所有権分譲マンション形態である「逗子ヘルス・ケア・マンション」の一例を見せてもらった。

【画像1】通常の仲介物件と同様、その時の相場で物件価格は上下するが

【画像1】通常の仲介物件と同様、その時の相場で物件価格は上下するが”2. 毎月の費用”は今後、下がることは無さそう…(写真撮影:藤井繁子)

1984年に開設した築31年の分譲マンション。売り出し中の住戸によっては、リフォーム済みの即入居できるものから、少々手を入れる必要がある住戸までコンディションがさまざま。それによって価格も結構差があるようだ。

相場的には近隣の中古マンションと大きく違わないが、入居時に必要な費用に加えて併設する老人ホームの施設管理・運営一時金300万円(5年償却)が必要。こちらの老人ホームは終身介護を行う施設で、マンション住民が優先的に入居できるもの。要介護になっても住み替えがスムーズで安心だが、その前に死んだら損か??その他、仲介手数料・管理費保証金・消費税などを含め

●売却価格:1200万円(専有面積:43.73m2)+入居費用=1669.36万円
●毎月費用:13万2430円/月(1人の場合) ※電気・水道代は住戸毎に別途

所有権なので固定資産税はかかる(年約8万円)が、先のセミナー事例や私が見てきた老人ホーム相場からすると、とてもリーズナブルな価格水準に思える。売却物件が多い時期や、相続人の方が売却を急いでいるケースはもっと安い物件もあるようだ。

早速、売り出し中の住戸を見せて頂くことに。マンション内の廊下にはクラシック音楽のBGMが流れ、優雅さを醸し出す……。
館内を案内されて、まず建物の立派さに驚いた。約30年前の鹿島建設施工ということで、ロビーなど今では使えないような高級な石や絨毯なども見られた。

【画像2】ガラス張りの中庭がいくつかあり、空間のゆとりと共に心を和ませてくれる(写真撮影:藤井繁子)

【画像2】ガラス張りの中庭がいくつかあり、空間のゆとりと共に心を和ませてくれる(写真撮影:藤井繁子)

【画像3】広い内廊下は、カーペット敷き。窓も多く明るいので施設っぽくない(写真撮影:藤井繁子)

【画像3】広い内廊下は、カーペット敷き。窓も多く明るいので施設っぽくない(写真撮影:藤井繁子)

【画像4】居間+和室の1LDK(43.73m2)を全フローリングにリフォームした住戸(写真撮影:藤井繁子)

【画像4】居間+和室の1LDK(43.73m2)を全フローリングにリフォームした住戸(写真撮影:藤井繁子)

【画像5】小キッチンやお風呂、設備はオール電化。24時間センサーが見守り、ナースコールも配置(写真撮影:藤井繁子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。