ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川魚は刺し身で食べても大丈夫!? 生食が禁じられている怖~いワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
https://lh3.googleusercontent.com/-P3z1wjnLx5k/VmcC-oR1Z8I/AAAAAAAACaM/lzATo5JKiu4/s481-Ic42/1212%2525E5%2525B7%25259D%2525E9%2525AD%25259A.jpg

マグロ、タイ、カツオ、ヒラメ……etc. 日本人は海に生息している、さまざまな魚を刺し身にして火を通さずに美味しく食べています。一方、鮎やヤマメ、イワナといった淡水に住む川魚もよく食べますが、そのいずれも調理の際にしっかりと火を通し、生のまま刺し身で食べることはありません。なぜ、川魚は生食できないのでしょうか。

その理由は寄生虫です。海水魚は基本的にプランクトンやそれらを食べる小魚をエサにしていますが、淡水魚はコケや藻のほか、淡水に住む貝類や落ちてきた虫なども食べています。寄生虫はそうした貝類や虫に寄生していることが多く、川魚を食べることによって、その内臓に取り込まれていきます。川魚の寄生虫は火に通したり、凍らさせたりして死んでしまえば食べても何の問題もありません。しかし、刺し身などで生食すると今度は人間の体内に寄生して健康に悪影響を及ぼすことがあるのです。

川魚の体内に棲む寄生虫としては「横川吸虫」「肝吸虫」「有棘顎口虫」などがよく知られています。中でも危険なのが「有棘顎口虫」で、体内を移動した幼虫が脳や眼球まで入ると脳炎や失明することもあります。

もちろん、川魚を生食したからといって必ず寄生虫に寄生されるわけではありませんが、時にこうした重篤な症状を引き起こすことがあるため、基本的にしっかり火を通してから食べるようになっているのです。ちなみに、刺し身として多く流通している「サーモン」が生食できるのは、そのすべて養殖されたもので寄生虫の心配がない衛生的なエサを与えられて育ったからです。一方、天然の「鮭」は刺し身で食べるときは基本的に「ルイベ」にします。これは生の状態で一度冷凍する北海道の郷土料理で、この冷凍によって寄生虫が死滅するので火を通さずに食べることができるのです。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

生で食べても大丈夫!マグロやタイを使ったレシピをご紹介。

https://ryorisapuri.jp/recipes/%E3%80%8C%E3%81%99%E3%81%9A%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%9B%B4%E4%BC%9D%EF%BC%81%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%82%AD

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。