ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20周年ELT 持田香織のロッチ好きなど意外な素顔告白のワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー20周年を迎えた人気音楽ユニットEvery Little Thing(以下ELT)に、ある変化が起きている。それは、プライベートや意外な過去の告白だ。

 ボーカルの持田香織でいうと、『キングオブコント2015』(TBS系)で好きなお笑いコンビ・ロッチに向けて応援コメントを寄せるばかりではなく、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では嵐の大ファンであることを公言。先日発売された結婚情報誌『ゼクシィ』の姉妹版『ゼクシィPremier(プレミア)WINTER 2016』では今年8月に結婚した9才年下のスポーツトレーナーとの新婚生活についても語っている。

 さらに持田はELTとしてデビューする前のアイドル時代を『ボクらの時代』(フジテレビ系)で回顧。「水着着て、遊園地とかで歌ってました」と笑顔で振り返っていた。

『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)では、10才のとき子役タレントとして出演していた頃のCMや、アイドル時代の初々しい水着映像も放送。またこの番組では、ギター担当の伊藤一朗がデビュー前、ビジュアル系バンドのメンバーだったことも明かされ、しかもロケで行った東京ディズニーシーで、我が子のために子供服を選ぶ様子も流れていた(伊藤は2011年に18才年下の女性と結婚。2012年第1子となる長男が誕生)。

 このような「解禁」の裏にはどんな理由が考えられるのだろうか。

「やはり20周年というということが大きいでしょう。こうしたメモリアルイヤーは、活動の歩みや、自分たちを改めて知ってもらう絶好の機会。ファンやマスコミに今一度アピールをすることで、記念すべき年を盛り上げ、次の10年、20年につなげたい考えでは」(音楽ライター)

 確かに、持田の嵐やロッチ好きという一面は、新たにファンになった若い層にとっては親近感が沸く要素だろう。

 そして何より効果的なのが、学生時代など若い頃に『Time Goes By』(1998年)や『fragile』(2001年)といった初期のヒット曲をカラオケで歌っていた世代への訴求だ。つまりは青春時代を彩ったアーティストが、私生活では結婚したり(持田は今年37才でゴールイン)、伊藤が1児の父として頑張ったりしている姿は、同じように結婚し、また育児に奮闘している同世代の人々の共感を集めることだろう。

 その証拠に、冒頭に挙げた関連番組のオンエア後の反応では、かつてファンだったようなネットユーザーによる「またカラオケ行って歌いたくなった」「やっぱり好き」といったコメントも多数見られた。

 もちろん、持田に限って言えば、そうした「告白」は今までしてこなかったわけではない。彼女について書かれた雑誌を読み返すと、水木しげるや一条ゆかりといった漫画家の作品や、『ベイブ』といった映画が好きであることなど趣味・嗜好を語ってきた。また、1999年に刊行されたエッセイ(『Everything Precious―好きになるのは理由(わけ)がある』)でも、アイドル時代の競争社会について触れている。

 つまり、今回の「解禁」は、ELTの歩みの中ではそこまで珍しいものではないのかもしれないが、20周年を迎えた今改めて行うことで、再びかつてのファンを呼び戻す狙いがあるのではないだろうか。また近年は、伊藤の天然キャラ覚醒によって、より親しみやすいアーティストとして認知されている。今後の2人に大いに注目していきたい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
気功師に心酔のELT持田香織 新居予定地の全てを囲う盛り塩
ファンと結婚の大場久美子 柳葉敏郎やCOWCOW多田も
後藤真希結婚に男性ファン複雑 「ゴマキは俺の嫁なのに…」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP