ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きな女子アナランキング急上昇のフジ山崎アナはここが凄い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、最新の好きな女子アナランキング4位に躍り出たフジテレビ山崎夕貴アナにクローズアップ!

 * * *
「第12回好きな女性アナウンサーランキング」(オリコンスタイル)が9日、発表され、日本テレビの“水トちゃん”こと、水ト麻美アナのV3となった。2位、3位はフジテレビの加藤綾子アナ、NHKの有働由美子アナと変わらないのだが、4位には前回の10位からフジテレビで『ノンストップ!』を担当する山崎夕貴アナがジャンプアップ。5位にはNHKで『ブラタモリ』を担当する桑子真帆アナが圏外からランクインした。

 前回6位で今回も6位をキープしたのはテレビ東京の狩野恵理アナ。ランクインしたとき、「ほぼ無名だったのに」とテレ東幹部をおおいに驚かせた狩野アナの快挙は、『モヤモヤさまぁ~ず2』に起用されてからのことである。ちなみに、先代の大江麻理子アナは、前回の4位から10位に順位を急落させている。バラエティー番組で芸人にいじられ、うまくやることが、女子アナの好感度にいかに繋がっているかがわかろう。

 若い女性読者がメインの“オリスタ”という雑誌の特性を考えると、通学、通勤前に見ている朝の番組に出ている女子アナというのも強い。さらにはジャニーズをはじめとするイケメンと共演しても嫉妬の対象になりにくいタイプが上位にくるという特徴もある。

 男性週刊誌のランキングなら、水トちゃんは1位にはならないだろうし、有働アナや山崎アナ、赤江珠緒アナなどもちょっと怪しい。

 また、もう少し上の年代の女性にアンケートをとったら、テレビ朝日の大下容子アナだとか、バブル時代を知っている女性からはいまだに人気が高い安藤優子サンが入ったりするかもしれない。が、“オリスタ”だと、こうなるのである。

 今回のランキングで圧倒的に目立っているは10位から4位にジャンプアップしたフジテレビの山崎夕貴アナだろう。

 その山崎アナが6日の『ボクらの時代』に加藤綾子アナ、椿原慶子アナと共に出演していた。

 このときのトークでは、就職活動をしている人が少なかった音大出身の加藤アナが「早稲田大学の~」「慶応大学の~」という人たちを前に、コンプレックスから帰宅して泣いた…という話がネットで「好感がもてる」として話題になった。

 が、バラエティー番組専門放送作家の私が夢中になったのは、やはり山崎アナの面白さと“まわし”の巧さだったのである。

 同期で旅行中も同じベッドで寝るという仲良しの加藤アナと椿原アナは、フジテレビを代表する美人アナでもある。だが、2期下の山崎アナは、メガネ女子だった小中学生時代の写真があまりにもブサイクだと、たびたび番組で話題にされる。ハリセンボン近藤春菜の成人式の晴れ着姿の写真ほどではないが、山崎アナのブサイク写真も、かなりの頻度で紹介され、キッチリ笑いをとる代物だ。

 山崎アナは、美人アナではない自分の役割をよ〜くわかっている。まずは加藤アナの言動に対し、「ホント、寂しがり屋ですよね」「キュンとしました~。これ、男の人が言われたら一発じゃないですかぁ」と先制。

 さらに、「加藤さんって、笑いのハードル、低くないですか?」と、取りようによってはダメ出しもするのである。

 カトパンの笑いのハードルの低さについては、以前から私もひじょうに気になっていた。特に『めざましテレビ』の三宅正治アナと軽部真一アナら“おじさんアナ”の大して面白くもないギャグやリアクションに対し、カトパンは大爆笑するのである。

 一方、山崎アナ自身はどうかというと、さまぁ~ずの大竹一樹と結婚し、バラエティー番組やお笑い番組を仕切ることにかけては近年のフジの女子アナで№1の中村仁美アナと「魂、削りながら喋ってる」というのである。

「仁さん(中村アナ)の爆発力はスゴイんです。テンポ、めっちゃ早くて」と中村仁美アナの“お笑い力”を絶賛し、加藤・椿原両アナに説明する山崎アナ。これもある意味、自分は“中村派”であることを明言しているようなものだ。ホントに勇気がある。

 さらに、就活中、他の企業にも通用するようなリクルートスーツだったという椿原アナと、母にアナウンス試験で通用するようなフンワリしたスーツをねだったという加藤アナに対し、「大学入学時に買った超だっさいスーツ」で「シャツ1枚で5日間」乗り切ったと、身を削り続ける山崎アナ。

 当時は「10月なのにメチャクチャ暑かったんです」と、汗臭かったかもしれないことや、下着も足りずに、「手洗いしてお風呂場に干していた」ということも自ら暴露。こんな話、男性週刊誌や夕刊紙もノーサンキューだろう(苦笑)。

 また、仲良しの加藤アナと椿原アナをモメさせようともする。二人のどちらが先に結婚するかという下りでは、「(どちらかの結婚が先に決まって)嫉妬とかなったら、どうします?」と爆弾を投下。

 また、バナナマンの設楽が「加藤さんの夢、見たって言ってましたよ。首筋にチューしたって」と、加藤アナがそれこそ首筋まで赤くなって照れ笑いするような場面も導き出した。

 さすがは『ジェネレーション天国』では今田耕司、『ノンストップ!』ではバナナマンの設楽統、『ダウンタウンなう』や『ワイドナショー』ではダウンタウン…というように、芸人の傍らで修行し続けている山崎アナである。さらに『とんねるずのみなさんのおかげでした』のロケに借り出されることもあり、石橋貴明や木梨憲武にとっても、あの高橋真麻につぐ“おもちゃ”。

 カメラ目線でしっかり段取りすることと、横でケラケラ笑うことが最大のお仕事であるカトパンや、報道アナの椿原アナとは大きく異なる“お笑い力”が山崎アナにはしっかりすぎるほど身についているのである。

 スイッチの入り方やなりきり具合もものすごいのだ。私がいちばん凄いと思ったのは、以前、Kis-My-Ft2に山崎アナがインタビューした際、ドアを開けてキスマイの前に座るまでの数メートル、ずっと「シーハーハー、シーハーハー、シーハーハー」と手を口元にあてながら歌い、踊り続けたこと。やられたキスマイのほうが困っていたが(苦笑)、どんなカッコ悪いことでも、かわいく見えないことでもやりきる山崎アナなのだった。

 忘れもしない。今年のハロウィーンで、“めざましアナウンサー”全員がコスプレをする際、後輩の三上真奈アナや永島優美アナの前で「どうせ、私は“お笑い”でしょ?」というも、結果、お姫様のコスプレだったことに、山崎アナはどこか不満げだった。

 ちなみに、『ボクらの時代』でエンディングテーマが流れ始め、ゲストがいちばん気を抜いて喋る時間の山崎アナのコメントは、「チンバラさんが使われたらいいですね」だった。カトパン曰く「天然」という椿原アナが、「シンバラさん」をずっと「チンバラさん」と言っていたというエピソードだ。

 決して美人アナではなく、自虐的なコメントやモメ事を誘発するような発言が得意ワザで、やりきった後もケロッとしているのは、『あさイチ』(NHK)の有働由美子アナにソックリだ。

 40半ばのベテラン、有働アナの域に20代で追いつきそうな山崎夕貴アナの資質については、フジテレビの社内ではずいぶん前から高評価。あとは視聴者が、やや毒っ気のある山崎アナをどこまで面白がってくれるかだろう。

 大食い&ぽっちゃりの水ト麻美アナ、笑いのハードルが低い加藤綾子アナ、そして、キャラかぶりの有働由美子アナというトップスリーを山崎夕貴アナが負かすことができるのか。来年のランキングが楽しみでならない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ・生野陽子「そのうち仕事より結婚選ぶ」の噂で持ちきり
高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表
TBSの桝田絵理奈 同期のフジ・加藤綾子を強烈ライバル視

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。