体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尿もれ?破水? 一晩気がつかなかった「高位破水」から出産までをレポート!

f:id:akasuguope02:20151211075146j:plain

私は3回の出産を経験していますが、3回とも「破水」からのお産スタート。

「破水→病院へ→病院にて陣痛待ち→陣痛開始→出産」の流れです。

はじめての出産の時は、「陣痛がきて、痛みの周期を計って、病院に電話して、頃合をみて病院に向かう」というのをイメージしていました。

臨月に入ると、陣痛がくるタイミングを今か今かとドキドキして待っていました。

そのため、はじめての出産の時はそれが「破水」だとは気がつかず、ただの「尿もれ」だと思ってしまったのです。

おかしいな…と思ったのは出産の前々日の夜9時ごろ。38週でした。

チョロチョロっと「尿もれ」のようなことが起こりました。

でも漏れ出たのはほんの少しだけ…。

(おなかが大きくなると、こういうことも起きるのかな?)

陣痛の前に「破水」するというイメージがまったくなかったので、完全に「尿もれ」と信じていました。

しかし、夜中もなんとなくチョロチョロっとほんの少しだけ漏れ出ているような感じがします。

さらに下腹部にもなんとなく違和感もでてきました。

生理痛の弱い痛みのような、重だるいような感じです。

「もしや破水?」と頭をよぎり、だんだん不安になってきて眠れなくなってきました。

真夜中2時にネットで「破水」を調べてみると「ドバっとでる」「生臭い匂い」などと書いてあります。

匂いを嗅いでみると、生臭いような気もするのですが、どうにも確信が持てません。

量が本当に少量なので、尿もれ?破水?一体どっちなの~!!と朝まで悩んでいました。

そんなわけで、その晩はほとんど眠れませんでした。

朝になり、尿もれだったら恥ずかしいけど…と思いながらも、思い切って病院へ電話。

「破水だったら困るので、すぐに来てください」とのこと。

急いで病院へ。9時すぎに病院へ到着。

すぐに診察してもらい、「高位破水」だと判明しました。

卵膜の上部(子宮から遠い場所)が破れることを高位破水というそうです。

高位破水の場合、羊水が流れるスピードが遅く、量もチョロチョロと少しずつ出てくるため破水とわかりづらいとのことでした。

私の場合、破水してから一晩そのままにしてしまったうえに、まだ陣痛が始まらない状態。

「細菌感染」を予防するために点滴開始。

病院に到着して6時間後の15時に陣痛開始。

点滴に繋がれたまま陣痛に耐えるのは、逃げ出したくなるほどに苦しかったです。

針の痛みと陣痛の痛みが同時にある不快感は半端ない!

「破水?それとも、だだの尿もれ?」とやきもきしながら前日から眠れていなかったため、陣痛開始から10時間後くらいには、体力的に限界が。

夫いわく、陣痛と陣痛の合間にいびきをかいて寝ていたそうです(笑)

壮絶な痛み、疲れと戦い、陣痛開始から17時間後に無事出産しました。

この出産で、「チョロチョロ」とごく少量でも「破水」の可能性があることを知りました。

ちなみに、第二子の時も「チョロチョロ」から始まる高位破水。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会