ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【この発想はなかった!】野外での使用が、とっても危険な寝袋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

めちゃくちゃカワイイけれど、キャンプや登山で使うには、ちょっとリスクあり(?)な寝袋が話題になっています。

そのビジュアルは、作者が「使用中に本物のクマに襲われたり、ハンターに銃で撃たれても責任は負いかねます」と警告するほどのもの。でも、一目見るとそんなユーモアたっぷりのエクスキューズだって、妙に納得しちゃうはずです。

こんな寝袋見たことない!
「野外での使用は気をつけて」

これが、日本人アーティスト石澤英子氏が制作した「The Great Sleeping Bear」。なるほど、夜の野外で使うには、いろいろと危険すぎるかも…。

「寝袋」と分かっているので、安心して「カワイイ!」と思えますが、

それでも、これはホラー…。

素材はフェイクファーとポリエステル、合皮で、鼻はプラスチック。

とはいえ、これはもともと「アート作品」として制作されたもの。それを寝袋にしたところ、大きな反響があったのだとか。

ただし、大量生産は技術的に困難。現在はこれまで写真で紹介してきたタイプのものをさらに改良した「MULTIPLE VERSION」を一つひとつ手作りしている模様です。

これがその「MULTIPLE VERSION」。

価格は◯◯円で、◯◯で注文を受付中。繰り返しになりますが、野外でのご使用はくれぐれもお気をつけて!

Licensed material used with permission by Eiko Ishizawa

関連記事リンク(外部サイト)

北朝鮮の女性の写真を撮り続けたら、あるコトに気がついた・・・
【今年も泣ける。】頑張る受験生に、カロリーメイトが送ったメッセージCM
あなたの名前が「アニメ」になって、動き出す!(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP