体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホクロに悩む方必見】もうホクロには悩まされない?簡単なホクロ除去方法って?

記事の画像1 ホクロにはもう悩まされたくないって思ってる方も多いはず。時にはチャームポイントにもなりますが、どうしても好きになれないホクロってありますよね。そのホクロを簡単に除去できちゃうかもしれない方法をご紹介します!

ホクロに悩まされる日々…

出典:https://topicsfaro.com/month-hokuro-impression-changes.html

そもそもホクロってなに?

出典:https://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11004089053&GroupCD=0&no=

皮膚のすべての部位にできる黒色の色素斑です。いわゆる“ほくろ”は小さい点状のものを指し、“黒あざ”はやや面積のあるものを指します。これらは平らなものからやや隆起したもの、発毛を伴うものから伴わないものまでさまざまです。

出典:ほくろ(母斑細胞性母斑・単純黒子) 治療など | 皮膚の病気 – Yahoo!ヘルスケア

医学的に言えば、ほくろは「色素性母斑」あるいは「母斑細胞母斑」と呼ばれます。母斑細胞というメラニン色素を持つ細胞が増殖することによってできる良性の皮膚病変です。ほくろのほとんどは、放っておいても医学的には何の問題もないもの。それでも、形がかなり大きかったり盛り上がっていたり、色も黒褐色、薄茶色、青色のものなど様々です。この中で青色のものは、皮膚のかなり深くにメラノサイトが存在するために表面上は青く見えるのだといわれています。

出典:ほくろと病気のつながりとは | スキンケア大学

ホクロは病気のもと?

出典:http://www.womannews.jp/health/health_care/26506/

メラノーマとは悪性黒色腫とも呼ばれる皮膚がんの一種です。ほくろと非常に似ていて、区別するのが難しいのです。放置しておくと命にもかかわる病気ですので、できるだけ早い治療が大切となってきます。

出典:唇にほくろができた!病気のサインを要チェック!

ほとんどのほくろは放っておいても医学的には何の問題もありません。しかし中には、良性のほくろに見えても、皮膚がんの一種である、「悪性黒色腫」であるという場合もあります。これはメラニン色素を含む細胞メラノサイトが悪性化して腫瘍になったもの。「メラノーマ」とも呼ばれます。この悪性黒色腫は非常に悪性度の高い腫瘍で、発生すると進行が早いので注意が必要です。国際的に罹患率に男女差はほとんどなく、60代~70代などの比較的老年期に発症する確率が高い病気です。罹患率では紫外線に弱い皮膚を持つ白人の方が高い傾向にあり、黄色人種である日本人においては比較的低いのが特徴です。しかし罹患後の死亡率は非常に高いので、日頃から自分の身体に対する注意が必要です。日本においては血縁との因果関係や発生の原因は不明ですが、紫外線が一因とも考えられていますので、過度の紫外線を浴びる事は避けたほうが良いでしょう。

1 2 3次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy