ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

死ぬまでに一度は!!【シルクロード】を走る黄色いバスとは!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
記事の画像1 旅を愛する人は一度は経験したいと思っているシルクロード。ついにアジアハイウェイが開通して夢の旅が続々と開かれています!!

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/543226325

旅は新たな発見、自分の道を見つけられるものでもありますね。

シルクロード

出典:http://moon.ap.teacup.com/kusagakubow/283.html

中国と西アジア・地中海沿岸地方を結んだ歴史的な東西交易路のことを指します。このシルクロード、つまり「絹の道」という名前は、中国産の絹が遠くインドや西アジア、さらにはローマ帝国にもたらされたことに由来しています。

出典:http://home.m01.itscom.net/shimizu/yultuz/silkroad/history/

始まりは紀元前とも言われています!

キャラバン

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/175160084

ラクダで旅をするイメージ^ ^

輸送に使用される動物はラクダをはじめとして、馬、ラバ、ロバなどがその特性やキャラバンの目的に応じて使い分けられた。

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

ラクダ以外も使われたのですね!

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/485203933

途中は砂漠で簡単な旅ではありません。

~西安からイスタンブールへ~シルクロードをバスと鉄道で走破する『秋の新ユーラシア大陸横断11,000㎞36日間』

出典:http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/touch/20150415/1429108997

日本のJTBもこんな旅を今年4月に発売してます!

西安

出典:http://www.ivsky.com/tupian/xian_zhonglou_t7508/

中国の西安旅のはじまり、そして終わりでもあります。

イスタンブール

出典:http://www.tripadvisor.jp/Tourism-g293974-Istanbul-Vacations.html

トルコの首都。ヨーロッパとアジアを今でもつなぐ大事な場所ですね!

アジアハイウェイ

出典:http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/inter/kokusai/AH2005/

2014年には中国の蘭州~ウルムチ、イランのマシャッド~テヘラン、トルコのアンカラ~イスタンブールに新たに3つの高速鉄道が開通しました

出典:http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/touch/20150415/1429108997

アジアハイウェイは今や交通の要所です!

みどころ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/odekopon9/44399959.html

エフェソス遺跡

ここにあるケルスス図書館も有名ですね。

出典:http://www.geocities.jp/mensplaza21/trk03efes.htm

当時のキャラバンが通った道がほぼそのままあるのも魅力的!!

出典:http://blog.goo.ne.jp/aqacompass/e/d513eb334f85f21788fdbf2d16b883e6

キャラバン サライ

スルタンハイにあるキャラバン一行の寝床施設。綺麗に残されているんですね。3日間は無料だそうです!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%83%88%E5%B1%B1

アララト山

ノアの箱船がここに泊まったと言われる山。美しいこの山は登山家の憧れでもあります!

出典:http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GETM12/

地獄の門

トルクメニスタンにあるこの燃える炎。なんと天然ガスが吹き出しているので、ガスが漏れないように火をつけており、40年以上燃え続けているんです!!

出典:http://mias.main.jp/china_uiguru/

ウルムチのバザール

ウイグル自治区独特の雰囲気も。

出典:http://kougasitu.sakura.ne.jp/ju12.html

兵馬俑坑

西安の有名な兵馬俑坑。

500体もの陶製の兵士、木造戦車を引く陶馬24頭の一団は秦始皇帝陵を警護するように並び立っていることから、始皇帝陵の副葬品とみなされています。

出典:http://www.eurasia.co.jp/attraction/feature/silk_road

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/500823529

見どころがありすぎるシルクロード。昔のキャラバンの思いを感じながら旅してみたいですね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。