体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたに合うライフスタイルは?アーユルベーダで体質診断

記事の画像1 インドの伝統医学、「アーユルベーダ」。西洋医学とは全く異なるアプローチから、健康的な生活のヒントを導き出します。最近西洋医学でも、人によって消化や太り方は異なることが明らかになってきました。自分の体質を知って、健康づくりに役立てましょう。

アーユルベーダとは?

出典:http://deva.jp/blog/?p=2515

アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(aayus|生命)」と「ヴェーダ(veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド・スリランカにおける伝統医学です。

出典:アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト|アーユルヴェーダライフ(家庭の医学・代替医療・予防医学)

病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持し病気を防ぐという「予防医学」の側面を大切にしています。

出典:アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト|アーユルヴェーダライフ(家庭の医学・代替医療・予防医学)

西洋医学的な、病気になってから対処するタイプの医学ではなく、病気にならないように健康的な生活を送るための医学です。

アメリカでは、ニューエイジ運動(1970 – 80年代)で、アーユルヴェーダをはじめとする様々な伝統医学・ホリスティック医学が注目された[5]。1998年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)に国立補完代替医療センター(NCCAM)ができたことをきっかけに広まり[6]、世界各地で現代医学を補完・代替する医療として利用されている。

出典:アーユルヴェーダ – Wikipedia

日本でも、アーユルベーダの施術を受けられるサロンやアーユルベーダについて学べる本・メディアが増えてきています。

タイプ診断をしてみよう!

出典:http://fakeout-magazine.com/archives/4859

アーユルベーダには、大きく分けて、ピッタ・カパ・ヴァータの3種類の体質があります。多くの人はこの3種類の特徴が合わさった体質をしています。まずは、自分がどのタイプなのかチェックしてみましょう!次の質問項目の【セクション1】から【セクション3】のうち、どのセクションに当てはまるフレーズが多いか数えてみてください。※ページ下部で、体質チェックができるサイトをご案内しています。

【セクション1】動作はすばやいほうだ物事をいつまでも記憶しているのは苦手活発で熱中しやすい性格だ体格がやせていて、太りにくい新しいことを覚えるのは得意である軽快にはやく歩く物事を決断するのに迷うことがよくあるおなかにガスがたまったり、便秘になりやすい手足が冷えやすい悩んだり不安に思うことがよくある寒さに弱いほうだ早口でおしゃべりだと友人から思われている気分が変わりやすい寝つきが悪い皮膚が乾燥しやすい(特に冬)気分・心が落ち着かないことがよくある行動が衝動的で、エネルギーが一気に出るほうだ興奮しやすい食事や睡眠が不規則になりがち物覚えがはやいが、忘れるのもはやい

出典:アユールヴェーダ ドーシャチェック ご質問項目 | びんちょうたんコム

【セクション2】能率的に物事をこなすほうだ時間に正確で秩序ある行動をとる強引なところがある熱い天気のときは疲れやすいほうだ汗をかきやすい表情に出るとは限らないがすぐにいらいらしたり、怒ったりする食事が遅れたり、ぬけたりすると不快になる髪は細くてまっすぐ・若白髪・若はげのどれかである食欲が旺盛で食べようと思えばかなりの量を食べることができるまわりの人から頑固だと思われている便通は規則的で、便の質は柔らかい場合が多い気が短い細かなところにも完全であろうとする傾向がある怒りやすいが、怒った後はすぐ忘れてしまうアイスクリームのような冷たい飲食物を好む部屋が暑いと感じることが多い熱い食べ物、辛い食べ物は苦手人と意見が合わないと不機嫌になる何事にも挑戦することが好きだ自分にも他人にも批判的になりやすい

1 2次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。