ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日で死に至るという人食いバクテリアも防げる!?毒素に反応する絆創膏が発売で

DATE:
  • ガジェット通信を≫

傷口からバイ菌が侵入して引き起こされる感染症。最近では1日や2日で死に至る「人食いバクテリア」などが問題となっているが、バクテリアの体内侵入をいかに防ぐかは私たちが健康を維持する上で重要な鍵となる。

そうした感染症の対策・治療に有効な手立てとなりそうな絆創膏が英国・バース大学で開発中だ。この絆創膏、傷口にバクテリアが侵入しようとすると緑色に光るというもので、早い段階での適切な治療につなげられるという。

・蛍光色で注意を喚起

絆創膏の中には染色剤を含んだカプセルが入っていて、バクテリアが放つ毒素を感知するとカプセルが破れる仕組み。ただの緑色でなく、蛍光色を放つことで注意を引くようになっている。

これは、バクテリアの存在をいち早く認識して、感染症の進行を阻止するのに役立つ。患者の術後管理などに活用できるという。

・抗生物質耐性を減らす!

バクテリアの侵入を認識できることに加え、この絆創膏にはバクテリアの抗生物質耐性を減らす、という意義もある。開発を主導しているバース大学のトビー・ジェンキンズ教授(生物物理化学)らによると、傷の治療では抗生物質を投与しすぎることが問題となっている。

というのも、必要以上に抗生物質を投与することで、バクテリアが耐性を得る可能性があるから。耐性を得るということは、抗生物質が効かなくなり、感染症治療は難しくなる。そうした意味で、今回の絆創膏を活用することは不要な抗生物質投与の回避、ひいては感染症コントロールにつながる。

絆創膏のプロトタイプはこのほど完成、2018年にも臨床試験が始まる見込みという。

バース大学

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP