ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都に行くなら「錦市場」へ!はんなり、ランチに食べ歩きがおすすめ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京の台所と呼ばれている「錦市場」をご存知でしょうか?

京都の目抜き通りである四条通の一本北に位置する錦小路通のうち、東の端は錦天満宮に面する新京極・寺町通から高倉通の間にあるのが、「錦市場」です。ここは、多くの観光客で賑わいを見せる、活気に満ちあふれた商店街。アットホームな雰囲気が漂っており、お店の人と会話をしながら買い物をする大勢の人達の姿が見られます。

赤・黄・緑の色彩が特徴的なアーケードの下で、390メートルも続くこの「京の台所」には、京野菜や干物、蒲鉾、乾物、お菓子、豆腐などさまざまな商品を扱うお店が軒を連ねています。試食を楽しみながら買い物ができるのも、うれしいところ。2006年5月には、経済産業省による「がんばる商店街77選」にも選出されています。

今回は、そんな錦市場に並ぶ名店の一部を抜粋してご紹介します。

ここで紹介するお店以外にも、この市場には魅力的で個性豊かなお店が数多くあります。

まだ行ったことがない!という人は、ぜひ一度足を運び、その雰囲気を楽しんでみてください!

魚力

焼きたての魚が食べられる、

京の都の焼き魚専門店「魚力」!

錦市場には食べ歩きを誘う良い香りがぷんぷんと 産地直送のこだわりの魚を店先で焼いて…

その匂いには、思わず足が止まります

市場の中の、富小路通と柳馬場通のちょうど真ん中あたりに位置するのが、焼魚専門店の「魚力」です。目印は店の周りに飾られた白のちょうちんと、魚の香ばしい匂い、そしてお店の方の大きな呼び声です。賑やかな商店街の中でも一際活気に溢れています。

扱っている魚は、はも・むつかま・鯛など。これらの魚を、照り焼き、てんぷらなどに調理して、道行く人々に提供しています。

焼魚を専門に扱うこちらのお店では、「他のお店では食べられないような美味しい魚を食べてほしい」という思いのもとに、獲れたての鮮魚を熟練の技で焼き上げ、美味しい逸品に仕上げています。また、焼きには、創業当初より継ぎ足している秘伝のタレを使っており、その味付けも絶妙。錦市場に来たら、ぜひ一度訪れたい名店です。 魚力

TEL/075-221-4003

住所/京都市中京区錦小路通富小路西入ル北側

営業時間/9:00~18:00

定休日/水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)

鳥清

新鮮さが売り!

食べ歩きができる商品も豊富に揃う「鳥清」

鶏肉一筋100余年!

伝統を守り続ける老舗・鳥清には

ずらり新鮮なお肉が並びます

京都の街歩きのお供にぜひ!

ジューシーな味わいがたまらない唐揚げ、照り焼きの数々

カップ入りのクリスピーチキンは食べ歩きにピッタリ!

「鳥清」は、富小路通沿いにある鶏肉・合鴨肉の専門店です。創業100余年を誇る老舗店で、昔から現在に至るまで多くの方に愛されています。

そんな「鳥清」のこだわりは、鮮度。

なんと、お店に並んでいるほとんどの商品が、朝に絞めた鳥をその日のうちに捌いた鶏肉「朝びき鳥」なんです。

毎日、朝一で指定の鶏舎から厳選した鳥を仕入れ、職人さんが丁寧に処理した精肉にこだわる…まさに老舗ならではの業。そんな新鮮な鶏肉が、お店の前でずらりと販売されています。

また、新鮮な鶏肉を使った唐揚げや照り焼きなども一緒に販売されているので、その場でいただくことができます。「鳥清」で扱う鶏肉は臭みがないのが特長。それでいて、しっかりと脂がのっていて、濃厚な旨みも。クセになります!

おすすめ商品は、2008年より販売されているクリスピーチキンです。カップ入りで手軽に食べられるという食べ歩きにピッタリの商品で、商店街の中を歩き回りながら食べている方の姿も見られます。その他、メインのディスプレイの横に置かれたケースの中には、ロールチキンも! 京都の散策のお供を探しに、ぜひ立ち寄りたいお店です。 鳥清

TEL/075-221-1819

住所/京都市中京区錦小路通富小路西入ル東魚屋町186

営業時間/7:30~18:00

定休日/水曜日

「鳥清」の詳細はこちら

三木鶏卵

こだわりの卵を使った、

だし巻卵のお店「三木鶏卵」

看板メニューは、職人芸と秘伝の出汁から生まれる、この「だし巻」!

新鮮な卵の黄味をふんだんに使用した「黄味餡ぱん」も、味わっておきたい逸品

錦市場のほぼ真ん中に位置するのが、だし巻卵をメインで販売している「三木鶏卵」です。だし巻卵は、京都の食卓には欠かせない存在。とくに、年末年始になると、おせち料理に使われるために、地元を中心に多くの方がこのお店へ訪れます。

利尻昆布と鰹節をベースにした「三木鶏卵」のだし巻卵は、風味豊かで他ではなかなか味わえない逸品です。

また、だし巻卵と並び看板メニューとして人気を集めているのが、黄味餡ぱんです。普通の餡ぱんとは異なり、卵の黄身をたっぷり使用して作られているため、独特にして贅沢なお味に仕上がっています。

素材や製法にこだわり抜いた「三木鶏卵」のだし巻卵と黄味餡ぱん。ご家族と一緒に召し上がる際に、そして、友人へのお土産にもピッタリの京の逸品です。 三木鶏卵

TEL/075-221-1585

住所/京都府京都市中京区錦小路通富小路西入東魚屋町182

営業時間/9:00~18:00

定休日/年始休業日以外無休

「三木鶏卵」の詳細はこちら

※この記事は2015年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

寒い時期の散策は東京・浅草で「さつまいもスイーツ」巡りはいかが?
去年より人気の県はどこ?年末年始に人気な観光県トップ10【2015〜2016】
コスパ抜群!1万5000円以下のグルメ宿7選【東海・関西】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP