体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホントは教えたくない!「舟遊び」で味わう、粋なビールの愉しみかた| ビール女子

TOKYO BLUES 舟遊びみづは

平安時代、船上で宴会を催して、詩歌を作ったり奏楽を愉しんだという“舟遊び”。そんな粋な遊びでおいしいビールが愉しめると聞き、私、宮原佐研子が早速体験して参りました。

企画運営は『舟遊びみづは』(株式会社フローティングライフ)。2013年9月からさまざまな “舟遊び” ツアーを開催しています。
当日は、晴れの特異日と言われる2015 年11月3日(火)文化の日。前日の寒さも少し緩み、風も穏やかな絶好の舟遊び日和♪

マジックアワーに満喫する!東京の夜景と『TOKYO BLUES』

“ビール” をテーマにツアーを企画したのは初開催ということで、代表取締役の佐藤美穂さんにお話を伺いました。
「もともと、普通の会社員をしていて、夫の海外赴任でアメリカに駐在したことで、改めて日本の文化の良さを実感しました。帰国後は、特に江戸文化の魅力を伝えるような仕事がしたい、といろいろ検討し、今の仕事を起業しました。弊社は日本橋で商いをしているので、お客様のお土産に日本橋老舗の小物を差し上げたり、日本橋や流域のお店とコラボすることも大事にしています。舟が通っている場所の近くにある、素敵なもの・美味しいものをお客様に知って頂きたいという思いがあり、先頃、日本橋の酒類卸コンタツの津久浦社長のお話を伺って、コンタツが石川酒造と共同開発した『TOKYO BLUES』というビールがあることを初めて知りました。私自身、クラフトビールも好きなので、いいものがあれば、イベントをしたいと思っていたところで、実際飲んでみて、爽やかで華のある香りと苦みのバランスが良くて美味しい!とまず感動し、炭酸の強さもちょうどいいよく、舟の上で非日常気分に浸りながら、柑橘系の香りを楽しんで苦味を味わう大人っぽいイメージが湧き、これならみづはのお客様に楽しんでもらえると思い、このツアーを早速企画しました」

受付を済ませ、期待を胸に早速舟に乗船。12名が定員という舟は、想像よりも小さい舟でしたが、乗り込んでみると、川面を渡る風を楽しめる舟座敷と、天候が悪いときには冷暖房完備で屋根のある舟水屋もあり、ツアーは満員でありながら舟の中はゆったりとしています。

TOKYO BLUES 舟遊びみづは

まずは「カンパーイ!」さあ、川面を渡る夢のビール体験へ

今回のツアー料金は大人5,980円(税込)。料金には、TOKYO BLUES 2本とスパークリングワイン(飲み放題)、おつまみのスナック、お土産も含まれています(お酒の飲めない人にはノンアルコール飲料も用意)。その他、持ち込みは自由なので、好きな飲み物やおつまみも持参できます。

東京の “マジックアワー” を愉しんでもらいたいと、出発時間は16:45の日没直前。日本橋を出発した後は、佃大橋に抜ける水門を通り、隅田川で築地市場の脇を通って浜離宮脇でしばらく停泊、その後朝潮運河を通り、豊洲付近から隅田川に戻って永代橋をくぐり、そして日本橋に戻るという75分間のルートです。

…これがまた、素晴らしかった!!

百聞は一見にしかず、ということで、そのすばらしさは ▼ の写真をご覧ください。

出発とともに配られた『TOKYO BLUES』でまずは参加者全員で乾杯!

TOKYO BLUES 舟遊びみづは

こちらがビールとおつまみ

TOKYO BLUES 舟遊びみづは

いよいよマジックアワー!東京タワーもみえてきました

TOKYO BLUES 舟遊びみづは

浜離宮脇では東京タワーの他、レインボーブリッジの夜景も望めます

TOKYO BLUES 舟遊びみづは

北上すると、今度は東京スカイツリー。永代橋や行き交う屋形船も美しく輝いています

TOKYO BLUES 舟遊びみづは
1 2次のページ
ビール女子の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy