ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本屋B&B で書籍「クラフトビール革命」を読み解きながら “あの二人” が熱く語ります! | ビール女子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

下北沢にあるビールが飲めることで人気の、本屋 B&B で今回は Far Yeast Brewing 代表の山田司朗氏と、国際ビール審査員であり「 Japan Beer Times 」誌の上級記者として数多くのクラフトブルワリーを取材する Jinya Kumagai 氏がタッグを組み、アメリカ東海岸を代表するクラフトビール・メーカーであるブルックリンブルワリー創業者、スティーブ・ヒンディ氏の著書『クラフトビール革命』の刊行を記念をし、『クラフトビールはなぜ盛り上がっているのか? ~近年の最重要書籍で読み解く〜』が開催されます。

本屋 B&B とは?

営業時間中いつでも、美味しい生ビールをはじめとする、ドリンクを注文することができる。通常提供しているほとんどのドリンクは、一杯 500 円。また、店内のテーブル等の家具は全て商品で、奥のテーブル席では、会計前の本を自由に見ることもできる。(※本屋 B&B ホームページ参照)

一言でブームとは呼べないクラフトビールの歴史

クラフトビール・ムーブメントの始まりは、フリッツメイタグ氏が倒産寸前のビール会社「アンカー・ブルーイング社」を買収し、アメリカ初のクラフトビールの醸造所として立て直しを開始した 1965 年。それから今年で 50 年経ちました。 “ 50 年かけて 2 兆円産業に成長したモノを「ブーム」とは呼ばないだろう” そう、山田司朗さんは言います。

自分のブルワリーを持ちたい人は参加必須!?

巨大ビール会社とマイクロブルワリー(小規模クラフト会社)の「ビール戦争」や、ビール業界の M&A について、「ローカル」を重んじるビール会社と地元の関係、ビールとインターネット、そして山田司朗さんの実体験もふまえたマイクロブルワリーの起業について、『クラフトビール革命』に登場するテーマを巡りながら日本のビール業界を生き抜く生の声を聴くことができます。

塩とビールの調和体験

当日会場では、このイベントのために特別に仕入れたクラフトビールが数種類販売されます。各種の塩とビールの味覚の調和を楽しむ「ミニ・マリアージュ」講座も実施される予定です。果たして当日は、どんな熱いトークが繰り広げられるのか… ! 昔からのクラフトビールファンの方も、最近気になり始めた方も、この貴重な機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

現場の人の生の声をじっくり聴く機会はそうそうないですよね。要チェックです! (編集員:なな瀬)

【イベント概要】

〇日程: 2015 年 12 月 13 日(日)

〇時間:  19:00 ~ 21:00 ( 18:30 開場)

〇場所:本屋 B&B (東京都世田谷区北沢 2-12-4 第 2 マツヤビル2F )

〇入場料: 1500 円( + 1 ドリンク)

〇出演:山田司朗( Far Yeast Brewing 株式会社 代表取締役)、 Jinya Kumagai (記者・編集者、「 The Japan Beer Times 」上級記者、国際ビール審査員)

〇イベント予約: http://peatix.com/event/130344

カテゴリー : グルメ タグ :
ビール女子の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP