ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二階堂和美 初のライヴDVDを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

二階堂和美が初のライヴDVDを発売することが決定した。

TVCM「サントリー GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」や「サッポロ一番」で歌唱を担当しているほか、地元では市のイメージソング制作や、中国新聞でのエッセイ連載など、地域に密着した活動も展開中の二階堂和美。

自身初となるライヴDVDは2014年に東京・グローブ座にて開催した1stアルバム発売から数えて15周年を記念した公演『二階堂和美 歌のパレード~いつのまにやら15年~』の東京2DAYS公演の二日目の模様を収録。本公演は公演タイトルにもある通り、二階堂和美の15年を初期の楽曲から新曲までを披露することによって魅せた集大成のような公演となったもので、3時間におよぶライヴ映像から厳選した17曲を収録している。

また、特典映像として2011年に発売したアルバム『にじみ』のリリース・ツアーのファイナル公演となったSHIBUYA CLUB QUATTROのライヴ映像を2曲収録。二階堂和美にとって日本公演のライヴDVDは今回が初の発売となる。彼女のシンガーとしての魅力を存分に映像で堪能してほしい。

ライヴDVD『二階堂和美 歌のパレード ~いつのまにやら15年~』は限定生産・ライヴ会場でのみの販売を予定しており、12月26日(土)から開催する広島・大阪・東京のワンマン公演より販売される。ぜひワンマン・ライヴを始めとする各会場に足を運んで手にしてほしい。

また、12月26日の広島クラブクアトロ公演は、二階堂和美が地元・広島に戻っての10年を総括したような大忘年会的なお祭りライヴとして、自身の楽曲から往年の歌謡曲など盛り沢山の内容に。年明けに開催される1月8日(金)の大阪なんばユニバース、1月11日(月祝)の東京キネマ倶楽部公演は、二階堂も念願となるビックバンド(GENTLE FOREST JAZZ BAND)と共にお送りする大新年会となる予感。いずれも最高の夜となりそうだ。

・二階堂和美の作品はOTOTOYにて配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/833

二階堂和美 /
『二階堂和美 歌のパレード ~いつのまにやら15年~』
12月26日(土)よりライブ会場で販売。(限定生産枚数)
価格:3,000円
品番:KAKU-073

【DVD 全19曲収録】
1 東京ブギウギ(アカペラ)
2 説教節
3 あなたと歩くの
4 いてもたってもいられないわ
5 Blue Moon
6 蝉にたくして
7 Lovers Rock
8 脈拍
9 日向月
10 今日を問う Part2
11 いつのまにやら現在でした
12 めざめの歌
13 お別れの時
14 あの山のむこう
15 いのちの記憶
16 矢切の渡し~愛燦燦
17 愛の讃歌
(Live@THE GLOBE TOKYO “歌のパレード” ~いつの間にやら15年〜 2014.9.15)
Bonus Movies
18 にじみ
19 女はつらいよ
(Live@SHIBUYA CLUB QUATTRO “にじみの旅” 2011.12.23)
監督:村尾輝忠
   竹内邦晶(Bonus Movies)
ジャケットデザイン:石森康子

★ライヴ情報★

〈二階堂和美の年末大忘年会~人生はワン・ツー・パンチ~〉
2015年12月26日(土)広島 CLUB QUATTRO
OPEN / START 17:00 / 18:00
LIVE:二階堂和美
出演メンバー(予定):
黒瀬みどり(ピアノ) / ガンジー西垣(CINEMA dub MONKS ウッドベース) / 山村誠一(スティールパン/パーカッション) / 上野眞樹(ヴァイオリン) / 藤井雅枝(ヴィオラ) / 宮本隆一(チェロ) / 大竹市民吹奏楽クラブ
TICKET
前売 3,800円 (D代別)
INFO
ユニオン音楽事務所:082-247-6111

〈二階堂和美の大新春祭~今宵はビックバンドと~〉
2016年1月8日(金)大阪 ユニバース
OPEN / START 18:30 / 19:30

2016年1月11日(月・祝)東京 キネマ倶楽部
OPEN / START 17:00 / 18:00
LIVE:
二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band

TICKET
前売 4,200円 (D代別)
INFO
大阪公演>SOGO OSAKA:06-6344-3326
東京公演>SOGO TOKYO:03-3405-9999

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP