ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成功者が、朝6時前から活動を始める「6つのワケ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「早起きは三文の徳」とは誰でも分かっていること。でも、それなのになかなか実践できないのってどうしてなんでしょう?

もしかしたら、「徳」の内容がハッキリしていないこともその一因かも。そこで、具体的な6つのメリットを「Elite Daily」からご紹介!

01.
漠然とした“目標”を
明確化できる!

目標が明確でないために達成できないという人は多い。でも、毎朝、それが何なのかを意識する時間を作れば、あなたは一日中、心の中に掲げ続けることができるでしょう。

加えて、目標達成までの時間を決めることも忘れてはいけません。後で進行状況をチェックするのに役立ちます。

02.
生産性の高い1日のための
スケジュールを設定できる

その日の計画を立て、それに沿って行動することで、より効率的かつ生産的に時間を過ごすことができます。01.で目標が分かっているので、ものごとの優先順位も明確ですね。

03.
運動すれば
心も体もリフレッシュ

運動しない理由を「時間のなさ」のせいにする人がいますが、早起きすれば仕事前にジムに行くことだって可能。体からエンドルフィンが放出され、ポジティブな気持ちで1日を過ごせるはずです。

04.
1日でもっとも大切な
“朝食”をとれる

朝食は1日の中でもっとも重要な食事。ジョンズ・ホプキンス大学の調査によれば、朝食を食べることで健康状態が圧倒的に改善されることが分かったのだそう。自動車にガソリンが必要なのと同様に、あなたの体も朝食を欲しているのです。

05.
“成功者”にも倣える

「New York Magazine」によると、Twitterの創設者であるジャック・ドーシーは朝5時半に起きるそう。そして、その時間を瞑想と約10kmのランニングに費やすのだとか。また、AppleのCEO、ティム・クックは、朝4時30分に社員にメールを送ることで有名です。

06.
年間840時間を
他人より多く確保できる

朝早くから1日を始めることで、「自信」と「創造性」が生まれるもの。眠気と戦うことで、夢の実現に一歩近づくのです。

私は、一番重要な仕事は、毎日午前8時前には終わらせます。そうすることで、達成感を胸にその日1日を過ごすことができるから。最初に重要な仕事を終わらせることで、ストレスや不安を抱えずに済むというメリットもありますよね。

かつて、詩人JA Carney氏はこう言いました。「小さな水滴や砂粒が、大きな海と麗しい大地を作る」と。つまり、毎日2時間30分早く目を覚ますことができるようになれば、1日の生産性は大幅に高まるということ。

1週間で17時間30分、月にすれば70時間、年間で840時間ーー。さあ、選択はあなた次第です。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ、部屋が散らかっている人ほど「クリエイティブ」なのか
幸せを感じている人が、絶対にしない「20のコト」
幸せな夫婦が、日々実践していること5つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP