体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Apple、NIKE、BMW。有名ブランドのスローガンと誕生秘話

数々の有名ブランドロゴにあるスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。

ここではそのなかから、16個紹介!

01.
「Just Do It」

Apple、NIKE、BMW。有名ブランドのスローガンと誕生秘話

広告会社「Wieden+Kennedy」が80年代につくったスローガン。よく知られている話ではありますが、死刑囚の最後の言葉から着想を得ています。

考案したWieden氏は「Dezeen」のインタビューでこうコメント。

「ある犯罪者を思い出したんだ。国中で暴れたあとに人を殺し、投獄された。死刑執行人が最後の言葉を尋ねたとき、彼はこう言ったんだ。"Let’s Do it.(さあやろうぜ)"ってね。気に入らなかったんで"Just Do It.(とにかくやれ)"に変えた」

02.
「IMPOSSIBLE IS NOTHING」

Apple、NIKE、BMW。有名ブランドのスローガンと誕生秘話

1974年に生まれたスローガンで、「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」で有名な伝説的ボクサー「モハメド・アリ」の発言がもとになっています。

同社シニア・バイス・プレジデントのErich Stamminger氏によれば、新しい分野を切り開き、限界を超えてもらうためのサポートをするという想いが込もっているそうです。

03.
「I AM WHAT I AM」

Apple、NIKE、BMW。有名ブランドのスローガンと誕生秘話

「わたしは、わたしだ」。スポーツを通じて心のなかにある声や個性を見い出せるーーそんな意味が込められています。独自性のある経歴でありながら若く偉大な選手たちを起用したキャンペーンとともに生まれたもの。

04.
「EAT FRESH」

Apple、NIKE、BMW。有名ブランドのスローガンと誕生秘話

いつも新鮮な食材を使っている、というメッセージをシンプルにユーザーに伝えたスローガン。ファストフードにあった悪いイメージを払拭して健康的な印象を与えています。

05.
「HOME OF THE WHOPPER」

Apple、NIKE、BMW。有名ブランドのスローガンと誕生秘話
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会